感想文自由形。

とにかく自由に感想を綴ります。

映画プリキュア オールスターズメモリーズ感想

プリキュアの映画はスマイルプリキュアの時から大泉の最速上映で観てます。

 

深夜の映画館にプリキュア好きしか集まらない空間ってディープさが凄くてね。自分で言うのも何だけどクセのあるひとが多い笑

 

f:id:writer_A:20181027125215j:image

 

それはさておき、久しぶりに全員集合のオールスターってことでめちゃくちゃ楽しみにしていたワケですが・・・

 

先に言っておきます。最高の出来でした。

恥じることなく言います。泣きました。

 

一言で表すならこれまでプリキュアを愛した人達へのご褒美的な映画だったかと。

 

今回のテーマは思い出という事ですが、それは作中だけじゃなくて15年の間に積もり積もったファン達の思い出でもあったんだなと。

 

1人一言程度だったけど、歴代のプリキュアが喋って、笑って、戦ってる姿を観れる事がこんなに嬉しいんだと再確認。

 

ラクルライトのタイミングはここ数年メタ的な振られ方をしていたけど、それが今回初めてピンと来た。

 

観客の中にあるプリキュアの思い出が力になるって流れで作品に参加してるって思いがグッと入るんだよね。

 

全員に見せ場がある戦闘シーンは圧巻。各チームの特徴がキチンと反映されてて見応えしかない。

 

順位をつける気なんてないけど、数見てる中でどうしても思い入れの深いシリーズってのがあるのは事実。

(個人的にはスマイル、プリンセス、魔法使い、5がそれにあたる。)

 

だけどどのチームの活躍も等しく嬉しくて、プリキュアのことこんなに好きだったんだって気付かされた。

 

それぞれに異なる魅力があるからこそ、15年も続けてこれたのかなと。歴史の重みみたいのを見せつけられた。

 

放送当時スマイルプリキュアにどハマりして、そこから全シリーズを観た自分でもこんなに響くのだから、本当に初めの頃から観てた人なんて堪らないんじゃないかと思う。

 

そもそも大人になったら卒業するものなのかもしれない。

というかそもそもおっさんが観るものじゃないのかもしれない。

 

だけど好きなものは好きと言える大切さを教えてくれているのがプリキュアだと思う。

 

5年前に何となく見始めたアニメがこれほどまでに大きな存在になるなんてね。本当に素晴らしい出会いをした。

 

一度でもプリキュアに夢中になった経験がある人には絶対に観てもらいたい素敵な作品でした。

 

一応ネタバレに気をつけて書いてみました。

もう一度観ようと思ってるので次はバレありで書こうかと思います。

 

f:id:writer_A:20181027132442j:image