感想文自由形。

とにかく自由に感想を綴ります。

天皇杯準決勝 浦和レッズVS鹿島アントラーズ

アジアに通じる唯一の道

Jリーグは先日最終節を迎えましたが、国内最後のタイトルである天皇杯が残されています。

 

準々決勝の記事はコチラ

www.good-by.com

 

この大会で優勝すれば文句なしで来年のACLに出場できるということで、「絶対に負けられない感」でいうと今年最高レベルでした。

 

試合前日にも大原の練習場にサポーターが大挙し(私も朝から行ってきました)、特別な試合であることは選手もサポーターも共通の認識として挑んだ試合でしたが、内容も非常にタフな試合になりました。

 

マウリシオのゴールで勝利!

前半に得たコーナーキックからマウリシオの完璧なヘディングで先制し、そのまま逃げ切り勝利することができました。

 

ただ終始押され気味の展開で、観ている側としてはヒヤヒヤでしたが、この日の選手たちはいつも以上に気持ちが入ったプレーを見せてくれたと思います。

 

岩波の”気合い”としか言いようのないプレー

前半、ペナルティエリアに侵入してきた相手に対して、岩波が倒れ込みながら頭で突っ込んでいったプレー

 

目の前で見ていましたが、あそこまで体を張れるなんて並大抵の気合じゃないです。

 

彼は今年移籍してきたばかりで、正直まだ彼の個性を掴めていない所がありますが、このワンプレーで私はがっちり心を掴まれました。

 

もしも自分が選手だったら死ぬまで走ってやるのに、的な気持ちは熱心なサポーターなら持ちそうなものですが、それができないからこそ声を枯らすわけです。

 

そこで岩波は文字通り命を賭けたプレーをしてくれた訳です。このプレーに心動かないはずがありません。

 

もちろん彼だけではなく、この日は全員が身体を張ってプレーし、なんとか掴んだ大きな勝利のワケですが、岩波のこのプレーは今後も忘れることはないでしょう。

 

交代枠がすべて負傷退場…

お互いにバチバチのやりあいで、曰くインテンシティの高い試合でしたが、結果的に浦和は3人の交代枠をすべて負傷交代で使わざるを得なくなってしまいました。

 

お互い様な所があるので強くは言えませんが、鹿島は荒いプレーが多く、審判が一枚でもイエローカードを出していればここまで負傷者が出る事態にはならなかったのでは?と思います。

 

あれだけハードに当たってイエローカード0枚とは思いませんでした。

 

こちらの負傷者は興梠、武藤、青木と中心的な選手が3人

目の前の試合に勝つために無理をすることは大切ですが、まだ一試合残っているわけですから、彼らの具合は非常に心配です。

 

特に興梠・武藤の二人は仙台をお得意様にしてる選手ですから、どうしても不安になってしまう所がありますので、回復を祈るばかりです。

 

それにしても疲れました…

前日から多くの時間をこの試合の勝利のために費やしましたし、試合もエキサイティングな展開だった為、いつも以上にテンション上げて挑んだ結果、全身が悲鳴をあげております笑

 

ただ泣いても笑っても2018年のシーズンはあと1試合。

絶対に後悔しないために、できる事は全部やって、今年の最後に笑うために、来年再びアジアに挑むために、天皇杯のタイトルを獲るしかありません。

 

ということで、明日は温泉に浸かって回復をはかりたいと思います笑

 

f:id:writer_A:20181206223255j:image