感想文自由形。

ジャンル問わず、とにかく自由に感想を綴ります。

HUGっと!プリキュア第48話「なんでもできる!なんでもなれる!フレフレわたし!」感想

「なんでもできる!なんでもなれる!フレフレわたし!」

残すところハグプリもあと2話となってしまいました。

 

最近はその寂しさばかり考えてしまいます。

 

今回は冒頭の挨拶が初期のものに変わっていましたね。

 

これは仲間が力尽きて、はなが一人で戦わなくてはならなくなってしまったことを現しているのかな?なんて感手に推測します。

 

そして、毎回収録しているOPのイントロに入るナレーションもいつにも増して気持ちが籠っているように聞こえましたから、これは特別な回になりそうだ…と思っていたら期待以上の素晴らしい回になりましたね。

 

作画監督 川村敏江」の神々しさ

いつもは気になったことをメモしながら見ているのですが、今回は画面から感じるパワーに圧倒されてメモしてる余裕がありませんでした。

 

先に書いたように、声の演技も気合いをビシビシ感じましたし、絵の迫力も素晴らしかった。

 

それもそのはず、作画監督に女神ことキャラデザの川村敏江さんが入っていらっしゃいました。

 

よく噂で「プリキュアの終盤は次のシリーズにスタッフを取られて絵が省エネになる」なんてことも耳にしますが、今回に限ってそれは全く当てはまりません。

 

力強さと華やかさを伴った素晴らしい作画でした。

 

また、冒頭から随所に花を大写しにするカットがありました。

 

「永遠」という意味の花言葉を持つソリダスターの花が咲いたり、散ったりすることで心情を表すだけでなく、絵に彩を添える役割も果たしていましたから、作画同様、演出も素晴らしかったです。

 

川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス

「私のなりたい野々はな」

クライのどんな否定的な言葉にも屈さなかったはなは本当に強くなりましたね。

 

「なんでもできる!なんでもなれる!」

前回の感想にも書きましたが、1年間言い続けたセリフだから説得力が違います。

 

「フレフレみんな!フレフレわたし!」

こうして周りも、自分も鼓舞する姿には勇気をもらえます。

この「みんな」には間違いなくクライのことも入っているわけです。

 

否定するのではなく、わかりあう。

とっても難しいことですが、それを諦めなかったからこそ、最後には通じ合うことが出来ました。

 

作品のタイトルを見た時から、最後の時とはハグをして終わって欲しいと思っていましたから、心から納得できるものを見せて頂きました。

 

ただし、全員がプリキュアになってしまったのにはビックリしましたね。

 

「誰だってプリキュアになれる」その是非

なんと全員がプリキュアになってしまうという超ウルトラCを見せてくれましたが、正直に言って、そこまでしなくても良かったのでは?と思ったのは私だけでしょうか?

 

アンリがアンフィニに変身した時も異を唱えさせて頂いたのに続いて、今回も素直には受け入れられない所があります。

 

www.good-by.com

 

「女の子なら誰だってプリキュアになれる」をジェンダーに寛容になった現代風に拡大解釈した結果だと思いますが、少しやりすぎだったかなーと。

 

まあこれは私が別にプリキュアになりたいわけではないってだけで、勝手に引っかかっているだけだと思いますが。

 

仮面ライダーには今でもなりたいと思っていますからね。

私にとって、プリキュアは見るもの、応援するものだということでしょう。

 

「みんなでトゥモロー!」のセリフが本当の意味の「みんな」になったのは素晴らしいと思いましたが、別に変身する必要はなかったのでは?と思いました。

 

クライはあのまま姿を消してしまったのでしょうか?

最後に「またね」と言い残し、クライはどこかに行ってしまいましたが、このまま一人でどこかに去ってしまうのは寂しいので、戻ってきて欲しいと思います。

 

未来ではなく、現代に暮らすトラウムとクライらしき人物が映っていましたから、そこら辺が関係してくると思いますが、これまでの敵キャラと同様に、最後はみんなで笑っている所が見たいです。

 

ただ予告では荒野を一人で放浪ているような絵が流れていましたので一体どうなることやら…。

 

次回最終話「輝く未来を抱きしめて」

ということで、予想通り最終回は丸々エピローグです。

 

辛い別れがあることがわかりきっていますので、100%号泣します。

 

予告では未来の皆の姿も見ることが出来ました。

プリンセスプリキュアから大人になった姿を見せるのも珍しくなくなりましたね。

 

果たして彼女たちにはどんな未来が待っているのでしょうか?

 

最後までしっかりと見届けたいと思います。

 

f:id:writer_A:20190122180317j:image

 

前回の感想はコチラ

www.good-by.com

HUGっと!プリキュア ボーカルベスト

HUGっと!プリキュア ボーカルベスト