感想文自由形。

ジャンル問わず、とにかく自由に感想を綴ります。

2019年Jリーグ第2節 浦和レッズVSコンサドーレ札幌~クオリティの差が如実に現れていました。

公式戦3戦連続ノーゴール…事態は深刻?

浦和レッズの今季ホーム開幕戦でしたが、前半開始早々の失点から特筆すべき良い所のないまま終わってみれば0-2の敗戦でした。

 

ゼロックスと前節の感想でも考えうる問題点を挙げてきましたが、それが全く改善されていないので苦戦するのも仕方ないでしょう。

 

ただ、問題視していたポジションの選手が変わった後半は少し可能性が見えました。

 

しかし、開始1分台に失点閉まってはそこから盛り返すのは大変ですよね。

 

やはり立ち上がりが大事!というのを改めて思い知らされた試合でした。

 

札幌は想像以上に上手く、迷いが無かった。

ミシャサッカーの特徴である「攻撃時に人数をかけてミスマッチを作る」戦法にまんまとハマって開始早々に失点してしまいました。

 

失点シーンだけでなく、嫌な位置でフリーの状態で持たれる場面が多く、前半は何度もピンチを迎えていました。

 

これはレッズの運動量の不足やポジショニングの悪さが原因ですが、3年前まで同じやり方をしていて、当時レギュラーだった選手も多く出場していたのですから、もう少しうまく対処して欲しかったです。

 

ただ、ミシャサッカーの実現にはスムーズにボール回しができるテクニックが欠かせないという所で、札幌の選手は違和感なく実行していたので思っていた以上に上手いな、という印象を持ちました。

 

攻撃に厚みが出せる分、奪われた時の逆襲に弱いので簡単にボールをキープし続けることが生命線ですが、全く問題なくこなしていたのではないでしょうか。

 

こうして札幌はやろうとしていることが明確なのに対し、レッズは未だにハッキリとしてコンセプトが見えてきません。

 

その戦術実行力のクオリティの差が勝敗を分けたのだと思います。

 

後半の陣容、内容には前向きになってもいいでしょう

結局、目につく課題は「中盤のボール奪取の欠如」「攻守の切り替えがスムーズでない」「前への推進力が足りない」というこれまでと同じところで、それは負傷欠場中の武藤、青木両選手の不在です。

 

なので同じことを書いても仕方が無いので、数少ないポジティブな点に触れていきましょう。

 

後半開始からポジションが定まらず浮いていた杉本に代えてナバウトを、途中から柴戸を入れてエヴェルトンを一つ前に上げたことで先に上げた課題に解消の気が見えました。

 

武藤ほどのコンビネーションは無いにしても、色々な所に積極的に顔を出すナバウトの方が攻撃のバリエーションを出せるので相手陣内に攻め入るシーンは明らかに増えました。

 

また、ボール奪取が求められるボランチの位置にアグレッシブに行ける柴戸を入れたことで前向きに守備ができるようになりましたし、ボールさばきが早いエヴェルトンを前に置けたことで前線が活性化していました。

 

やはりエヴェルトンの適正ポジションは中盤の底ではありませんね。

ゴール前に顔を出すこともできますし、なるべく前目で使ってあげた方が活躍してくれそうです。

 

青木が復帰するのがベストですが、未だにメドが立たなそうなので思い切って柴戸をスタートから使うのもいいかもしれません。

 

柏木と長澤を休ませることもできるので、水曜日のブリーラム戦はスタートから見てみたいです。

 

次はACL開幕戦。まずは得点。そして勝利。

こうして課題は明らかですが、試合が連続するのでシーズン中に修正するのは簡単ではありません。

 

今週から2週連続で水曜日にACLの試合があります。

 

その中で前向きな要素を見出すには勝つしかありません。

 

ACLJリーグでカテゴリーの違う大会にはなりますが、目の前の相手に勝利するという目的だけは同じです。

 

まずは相手のゴールネットを揺らすこと、そしてその先にある勝利を目指して頑張ってもらいましょう。

f:id:writer_A:20190303121556j:plain

前節の記事はコチラ

www.good-by.com