感想文自由形。

ジャンル問わず、とにかく自由に感想を綴ります。

仮面ライダージオウ第25話「アナザージオウ2019」感想

EP25「アナザージオウ2019」

前回、ソウゴの力は予知夢ではなく、未来を創造するというとんでもないものであることがわかりましたね。

 

こうなるとゲイツが救世主になるのもソウゴが望んだことになりますが、果たしてどうなってしまうのか…といったジオウ25話の感想です。

 

今回、久しぶりに以前倒したアナザーライダーが久々に登場しているのを観て気付いたのですが、今となってはジオウを20作品記念のお祭り作品ではなく、すっかり一つの作品として楽しんでいるようになっていました。

 

早いものでジオウももう物語の折返しですものね…つい最近始まったような気がしなくもないですが…。

 

ソウゴとは「何度も交差する運命」加古川飛流とは何者?

倒したはずのアナザーライダーが再び現れたのはその力を使うアナザージオウの仕業だったわけですが、その変身者・加古川飛流は一体何者なのでしょうか?

 

ソウゴとは「何度も交差する運命」らしいですが…残念ながらおじさんに聞いても「ソウゴくんは友達少ないから」で話が終わってしまうので肝心なことはわかりませんでした笑

 

今のところソウゴが幼い頃、両親を亡くした事故の生存者としての繋がりしか明らかになっていませんが、この事故が現在に至るターニングポイントになっている可能性が非常に高そうです。

 

飛流はソウゴのことを覚えているのに対し、ソウゴは彼のことを覚えていないのも気になります。

 

これまでソウゴの両親の存在は殆ど語られてこなかったのは深夜アニメのように描写するほどの要素や尺がないからだと思っていましたが、そういうワケではなさそうなので来週が楽しみです。

 

なかなか手強い。そして顔がめっちゃ怖いアナザージオウ

黒ウォズからしても想定外であり、スウォルツ以外のタイムジャッカーが動揺してしまうほどの存在であるアナザージオウ。

(というか、前回酷い仕打ちを受けたのにウールはよく一緒にいれるな笑)

 

前回の予告の段階から「顔が怖い!」と話題になっていましたが、その顔に見合う強さを持ち合わせていました。

 

予約注文*仮面ライダージオウ DX アナザーウォッチセット

 

とはいえライドウォッチの数とアナザーライダーの数はイコールではないので、より多くの力を持つジオウの方が明らか強いでしょ?と思いましたが、共に未来を先読むことができ、力は互角でした。

 

その強さの前にゲイツゲイツリバイブへの変身を試みましたがリバイブライドウォッチは反応せず…。

 

ゲイツはソウゴを倒す覚悟を決めることができるのか…

オーマジオウを倒すためでないと発動しないリバイブライドウォッチなので今回は変身できませんでしたが、次回予告では変身していました。

 

それは遂にゲイツがソウゴに敵対する決意を固めたということになりますが、そこに至る理由がソウゴの過去に隠されているのでしょうか?

 

ソウゴが見たゲイツと戦っている夢、本当にその通りになってしまうのか…非常に気になります。

仮面ライダージオウ DXゲイツリバイブライドウォッチ

でも、ソウゴの夢は「ゲイツと戦っている自分を客観的に見ている」夢だったのが引っかかるんですよね。

 

キカイの夢はソウゴ自身が主体性を持って夢の中で行動していましたが、今回は戦っている様子を客観的に見ているだけでした。

 

この違い、何か意味があるんじゃないかと思っているのですが果たして…。

 

次回EP26「ゲイツリバイブ2019」

ということで「獅子座のレグルス」と聞いてどうしてもキュウレンジャーのラッキーを思い出してしまうジオウ第25話の感想でした。

 

ソウゴと黒ウォズが早瀬を護衛すると言いつつデートしていたり、ソウゴのゲイツツクヨミロスが深刻だったり、フルーツトマトが果実なのか野菜なのかは永遠に論争が続く問題だったりと見所多めでしたね。

 

まさかクイズの能力にあんな弱点があったとは…そしてフルーツトマトの分類で論争が起きているとは…笑

 

それはさておき、次回はソウゴの過去が明らかになる&ゲイツリバイブへの変身と非常に重要な回となりそうですので楽しみです。

f:id:writer_A:20190305113329j:plain

前回の感想はコチラ

www.good-by.com