感想文自由形。

ジャンル問わず、とにかく自由に感想を綴ります。

ミュージカルが苦手な人間から観た「ラ・ラ・ランド」~ニガテには変わりないけど楽しめました!

名作「ラ・ラ・ランド」をミュージカル苦手な人間が観たら…

仕事の都合で「ラ・ラ・ランド」を観ました。

 

実は一度、ACLアウェイからの帰りの飛行機で観たことがあったのですが、疲労からか開始10分ほどで寝落ちしてしまったんです笑

 

それから数年、ミュージカル自体がニガテなので「別に見なくてもいいか…」とそのままにしていたんですね。

 

でも観てみたらヒットしたのも頷ける内容だなと思いました。

 

「ミュージカルが苦手」という先入観があるので少し斜に構えて見ていましたが、それでも面白く見れたので素晴らしい作品なのでしょう。

 

ということで、ミュージカルが苦手な人間から観た「ラ・ラ・ランド」の感想をお届けします。

 

とにかく彩鮮やか!デートにピッタリ?かも

冒頭からいきなり歌い出して個人的には戸惑ってしまいましたが、終始カラフルな衣装や美しい風景の絵がずっと続くので目にとても楽しい映画でした。

 

それに加えて要所要所で流れる曲やダンスも観ていて楽しいですから、基本的に映画は一人で観に行く人間ですが「デートにぴったり!」なんじゃないかな?と。

 

ただ、感動できたかというと「ほとんど感動しなかった」というのが正直なところです。

 

ミュージカルが苦手な理由…それは感情移入できないから!

やはり、そもそもの前提としてミュージカルが苦手なんですよね。

 

これまでその理由は「いきなり歌い出すのがわからない」からだと思っていましたが、今回「ラ・ラ・ランド」を見たことでそれだけじゃないことに気付きました。

 

ミュージカルで感動できない理由、それは「感情移入ができないから」という点に尽きます。

 

「ミュージカルでいきなり歌い出すのは感情が最大限に昂った結果」といった趣旨の言葉を目にしたことがありますが、そう思ってもやっぱり理解できません笑

 

基本的に登場人物に感情移入して感動するタイプなので、その気持ちがわからないと全く感動できないんですよね。

 

歌がテーマになっている作品はむしろ好きなくらいなんですよ。

「ボヘミアン・ラプソディ」や「アリー」は泣くほど感動しましたし。

 

 

ただそれは歌が物語にとって非常に重要な役割を果たしているからであって、ミュージカルは別に歌をセリフに変えても物語を進行することができます。

 

そういう視点でストーリーをなぞると、感情移入できるポイントがほとんどなかったんです。

 

ぶっちゃけストーリーだけ見ると「普通」?

ざっくり物語のあらすじを紹介しますと、夢を見る男女が最悪の出会いから偶然の再会をし、お互いに惹かれていきますが、夢と現実のギャップからすれ違いが生じ、お互い別の道を進むことになる…といった感じなのですが、なんかすべてを「ノリ」で解決している感が否めないんです。

 

好感度ゼロどころかマイナスからスタートしているにも関わらず、お互いアッサリと惹かれ合ったり、目標に対して結果を全然残せていないに遊んでばっかりで努力している姿がほとんど見られません笑

 

お互いの状況を考えれば恋愛してる場合じゃないだろ!と思ってしまうんです…「こいつらいつもパーティーしてるな!」とツッコまざるを得ませんでした笑

 

結局二人が付き合ったのも上手くいかない現実からの逃避でしかなかった、というような感じでしたから尚更感情移入できません笑

 

こうしてストーリー的には目新しい所が無いにも関わらず、ヒットしたのはそれを「ミュージカルで見せる」という手法が良かったのかもしれませんね。

 

そうなってくるとミュージカルが苦手な私からすると「フツーの作品」になってしまうんです。

 

伝えたいメッセージはシンプルに「何かを得るということは何かを失うということ。」

こうしてブログを書くようになってから「この作品が伝えたいメッセージは何だろう?」とより意識して作品を観ているのですが、途中までそれが全く見えてこなかったんですよね。

 

先にも言ったようにとにかく行動の動機が軽薄だったのがその理由ですが、終盤に二人が別れを選択した辺りからようやくメッセージが見えてきました。

(メチャクチャ終盤なんですけどね笑)

 

初めは「恋は力にもなるけど障害になることもある」といったことを言いたいのかな?程度しか感じられませんでしたが、ラストに二人のifストーリーが流れたところでやっと作品のメッセージに気付けたんですね。

 

きっと「何かを得るということは何かを失うということ。」そんな普遍的なことを伝えたかったのではないでしょうか。

そんな何度も擦られたテーマでも、ミュージカルという見せ方をしたから新鮮に映ったのだと。

 

最終的に夢を叶えることができましたが、それと引き換えに二人の幸せな時間は失ってしまいました。

 

それが幸せかどうかは観ている人の判断に依ると思いますが、個人的には最後、二人が笑顔を見せていたのでハッピーエンドだと思っていますが。

 

最終的には「ミュージカルもたまにはいいかもね」

ということで、途中までは批判的な目で観てしまいましたが、最後まで観たら得る物のあった作品でした。

 

なるべくなら人生思い通りにいった方がイイですが、全部がうまく行ったらきっとつまらないですからね。

「苦しみがあるから、それ以上の喜びがある。」そんな当たり前のことに改めて気付かされました。

 

ただミュージカルがニガテなのはまだ治っていないと思うので、今後も色々な作品を観て克服していきたいと思います笑

 

ラ・ラ・ランド (オリジナル・サウンドトラック)

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

 
ラ・ラ・ランド (オリジナル・サウンドトラック)

ラ・ラ・ランド (オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: UMGRI Interscope
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る