感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

スター☆トゥインクルプリキュア第6話「闇のイマジネーション!?ダークペン出現!」感想~やっぱりチラつく聖闘士星矢的な要素を無視できない!

「闇のイマジネーション!?ダークペン出現!」

前回、キュアセレーネが誕生したことでついに4人揃ったスター☆トゥインクルプリキュア第6話の感想です。

 

仲間も揃い、最大の目的である12星座のプリンセスカラーペン集めが始まりました。

 

第3の幹部であるアイワーンや遂に人の負の感情を利用して生み出す大きな怪物も現れ、改めて物語のスタートを切った回になったと思います。

 

ではいつものように、気になったポイントに触れていきましょう。

 

やっぱりたった6話で完全に打ち解けるのは難しい?

非常にまじめな性格なので仲間になってくれたは良いものの、ずさんな情報管理を叱責しそうだなと思っていましたが、あっさりと打ち解けていたまどか。

 

置かれている状況は切迫しているので、事情をちゃんと話したら素直に納得してくれんですかね?本来は優しい心の持ち主なので。

 

とにかく、えれなとまどかのお姉さんチームが非常の物分かり良くて助かりました笑

 

しかし、ララと完全に分かり合うのは簡単ではありません。

 

今回判明ましたが、ララの母性・惑星サマーンは地球から遥か特に離れたところにあるということなので、もしかしたら別の銀河にあるのかもしれません。

 

これだと3話の感想で触れた「惑星間コミュニケーション」を遥かに超えた「銀河間コミュニケーション」になるので、そう簡単に理解し合えないのも納得ですが笑

本来だったら会話すらままならないはずですからね笑

 

 

「4人で描く星座」物語のテーマが増えました

まあはるか遠くの知らない惑星に不時着して自分を保っていろと言う方が酷な話なので、ララが多少荒れるのも仕方のないことでしょう。

それをひかる達もちゃんと理解しているからかなりララに気を遣っていましたがそれも裏目に。

 

でも空気の読めるひかるのおじいちゃんから聞いた星座の話がすれ違い解消のヒントになりました。

 

「4人でどんな星座を描くのか」

それはこれから1年を掛けて見つけていくテーマになると思いましたが、今回で早速回収されるとは思いませんでした笑

 

まあ星の見え方は季節によって変わってくるものですから、それと同じように4人の関係というのも今後どんどん変化していくでしょう。

 

「星」というテーマに合った非常によいテーマだと思うので今後が楽しみです。

 

やっぱり攻めてる一つ目怪人アイワーン

初登場時にも触れましたが、やっぱり明らかに見た目が人外のアイワーンのインパクトはすごいですね。単純に不気味で小さなお友達はガチで怖がっていないか心配です。

 

そしてプリンセスカラーペンを悪用したダークペンを利用して、ついに人間の心を利用した怪物が登場しました。

 

スター☆トゥインクルプリキュア プリンセススターカラーペンセット1

スター☆トゥインクルプリキュア プリンセススターカラーペンセット1

スター☆トゥインクルプリキュア プリンセススターカラーペンセット1

 

 

毎年怪物の名前がどんなものになるのか楽しみですが、今回は「ノットリガー」。

ノットレイダーと掛かっているだけでそこまでのインパクトはないですかね。

まあ長く続けばモチーフも少なくなりますし、仕方ないでしょう。

 

しかし、初めてとはいえ大きな敵にここまで苦戦するとは思いませんでした。

 

獅子座+電気=聖闘士星矢のアイオリアかな?

でも4人が力を合わせさせすればあっという間に攻略することができました。

 

初めての4人同時変身でしたが、声が重なるとイイ感じのハーモニーになっていて良かったですね。

 

にしても4分割で観るとミルキーの変身バンクだけカメラが動きまくっているのがよくわかる笑

 

そして奪い返したプリンセスカラーペンは獅子座。

 

ララが使ったことで電気の属性を帯びていましたが、この組み合わせって完全に聖闘士星矢のアイオリアと被っていて笑えました。

(彼の必殺技はライトニングボルトという高速拳)

 

聖闘士聖衣神話EX 聖闘士星矢 レオアイオリア <リバイバル版> 約180mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

12星座のモチーフといえば聖闘士星矢なのでやっぱり引っ張られているんですかね?笑

(アニメの制作は同じ東映ですし)

 

まあそれはさておき、残りのカラーペンは10本。

かなりいいペースで集められていますね。

 

毎回何かしらを誤魔化しているのが心配です…

ということで4人の絆が少し深まった第6話の感想でした。

 

毎回毎回些細なことではありますが、何かしら都合の悪いことを誤魔化し続けているのが気になります。

 

小さなウソでも吐き続ければ取り返しのつかないことになりかねませんからね。

まあ本作においてはギャグのようなものなので心配しすぎかもしれませんが笑

 

 

次回から本格的にロケットの修理に取り掛かるようですが、果たして中学生に直せるの?という疑問は予告の段階で解決しましたね。AIマジ便利すぎます。

 

 

まどかがAIの優秀さにテンションを上げている感じを出していましたが、どこか前作のさあやを思い出させます。

 

今週末公開の劇場版で二人の絡みはあるのでしょうか…非常に楽しみです。

 

映画は今回も最速上映に行く予定ですのでそちらの感想も楽しみにしてください。

(中国からチケットが買えるかわかりませんが笑)

 

それでは来週もキラやば~☆チャオ!

(挨拶の合わせ技をしてみました笑)

 

f:id:writer_A:20190311175610j:plain

前回の感想はコチラ

スター☆トゥインクルプリキュア 変身☆スターカラーペンダントDX

スター☆トゥインクルプリキュア 変身☆スターカラーペンダントDX

 
スター☆トゥインクルプリキュア主題歌シングル【CD+DVD】

スター☆トゥインクルプリキュア主題歌シングル【CD+DVD】