感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

仮面ライダージオウ第26話「ゲイツリバイブ!2019」感想

EP26「ゲイツリバイブ!2019」

ソウゴと飛流の関係や敵対する理由の判明、そしてゲイツリバイブへの変身など、非常に重要な回となったジオウ第26話の感想です。

 

前回、アナザージオウの登場であんなに強かったジオウⅡの天下が早くも終わりそうな雰囲気がしていましたが、ゲイツリバイブの登場で完全に終わってしまった感がありました。

 

ディケイドライドウォッチといい、新しい力がすぐに通用しなくなる展開は緊張感があっていいですね。

(それは即ち、次々と新しいおもちゃが出るのでお父さんは大変かもしれませんが笑)

 

ではいつものように気になったトピックを挙げていきます。

 

刻々と近づくオーマの日

獅子座のレグルスが最も輝く時、それがオーマの日であるとされていますが、いよいよその日も近そうです。

 

前回、オーラとウールが異常にアナザージオウの存在を恐れていた理由は、アナザージオウが王になっても「ジオウが王になる」という最悪の未来は変わらないから、というものでした。非常に納得です。

 

にもかかわらずアナザージオウを生み出したスウォルツには他の2人のタイムジャッカーとは違った目的があるのでしょう。

 

予告の話になってしまいますが、ソウゴの夢で「お前は王様になる」と予言していたのはスウォルツの可能性が非常に高くなりました。

 

ただ、この作品のおける「ソウゴの夢」の扱いは大きく変わっています。

小さなころから今のような「未来を創造する力」の片鱗があったのだとしたら…非常にややこしいですね。

 

そこら辺の疑問は来週はっきりしそうなので楽しみです。

 

もしかしてツクヨミさん、やっちゃいました?

ソウゴと飛流の関係を突き止めるためにそれぞれ過去へ飛んだツクヨミとゲイツですが、非常にショッキングな事実が判明しましたね。

 

事故が起きたのはソウゴのせいだと飛流は言い続けていますが、悪いのはどう考えてもツクヨミですよね笑

まあツクヨミがあのような行動に出たのはソウゴが原因といえばそれまでですが。

 

ただ気になるのは事故の原因がツクヨミにあったようにしか見えないのに、ツクヨミ自身がそのことを覚えていないようなところです。

(過去に確定した事象なので「今のツクヨミ」が事故を起こしたのではないとすると)

 

最近の彼女なら「起こした事実をなんとも思っていないサイコパス」の可能性も否定しきれませんが、さすがにそこまで酷い人とは思いません笑

 

それと、あの光景を見てゲイツの心境に何が起きたのかも正直わかりづらかったです。

 

一体何がゲイツにジオウを倒す決意をさせたのでしょうか…。

 

祝え!真の救世主ゲイツリバイブの誕生を!

どうして覚悟を決めるに至ったのか、白ウォズですら理解できていなかったようですが、ついにゲイツリバイブに変身しました。

(ちゃかり白ウォズも「祝え!」をやっていたのはソウゴと同じくツッコまざるを得ませんでした笑)

 

仮面ライダージオウ DXゲイツリバイブライドウォッチ

「あの」ゲイツがジオウを圧倒する日が来るなんて…見慣れないので違和感がありましたが、メチャクチャ強かったですね。

 

時間を読む能力を超えるスピードって歴代のライダーの中でも最速なんじゃないでしょうか?

 

フォームチェンジでパワー(豪烈)とスピード(疾風)を使い分けることができるという極めて実用性の高いフォームで、これならジオウⅡを圧倒するのも納得です。

 

果たしてこのピンチ、ソウゴはどう乗り切るのでしょうか…。

 

次回EP27「すべてのはじまり2019」

挙げた以外にもツクヨミがタイムマジーンをちゃんと病院の駐車場に停めていたりとシュールなところもあって見所盛り沢山なジオウ26話の感想でした。

 

次回予告の情報量が多すぎて楽しみで仕方ありませんね。

 

士が再登場したり、黒ウォズが変身したり…どのような展開になるのかは予想できない面白さが最近のジオウには満ちています。

 

物語も早いもので気付けば中盤ですが、中盤でこの盛り上がりはすごいです。

 

ホント、どうなっちゃうんですかね…。

 

f:id:writer_A:20190312114047j:plain

前回の感想はコチラ

 

仮面ライダージオウ RKFライダーアーマーシリーズ 仮面ライダーゲイツリバイブ

仮面ライダージオウ RKFライダーアーマーシリーズ 仮面ライダーゲイツリバイブ

 
仮面ライダージオウ 裂風削烈 DXジカンジャックロー

仮面ライダージオウ 裂風削烈 DXジカンジャックロー