感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

Aimer「Sun Dance」完全私的レビュー

4/10にAimerの新作アルバムが2枚同時にリリースされました。

 

「Sun Dance」と「Penny Rain」のタイトルは昨年行われたツアーのテーマと同じ「太陽と雨」ということで、彼女の異なる2つの面が見える作品になっています。

 

今回はまず明るい曲調の作品で構成された「Sun Dance」の方から、どこの誰にも一切媚びることなく、思ったままを綴る”完全私的レビュー”をお送りします。

 

Sun Dance(通常盤)(特典なし)

 「Sun Dance」Aimer

1. soleil

穏やかですが同時に壮大な雰囲気も感じるインストからこのアルバムはスタートします。

 

タイトルの意味はフランス語で「太陽」

最初に収録される曲としてこれ以上ないですね。


2. ONE

ライブではすでに定番になっている彼女の持ち歌の中でも抜群に明るい曲。

 

"踏み出す「一」歩"や"唯「一」無二の自分"など、タイトルを色々な意味の日本語に置き換えた歌詞で、傍に寄り添ってくれることや後押ししてくれることを歌った応援歌ですね。

 

リスナーに向けられたメッセージでもあると同時に、歌っている自分自身にも向けられているように感じられます。


3. We Two

とにかく音楽を、この瞬間を楽しもう!という想いが溢れてます。

デビュー当時の彼女からすると考えられません。

 

あの眠れない夜のことをシリーズにして歌っていた彼女が朝が来るまでなんて言う日が来るとは…。

(今の彼女も好きなので誤解のなきように)

 

叫べ!踊れ!とハッキリと訴えかけられていますからライブで披露された際には思いっきり楽しまないといけませんね。


4. 3min

3分間という時間を長いと捉えるか短いと捉えるか、その答えは人によって違ってくると思いますが、言いたいことは大切な人と過ごすのならどんな時間でも特別なものだよ!ということでしょうか。

 

言葉にすると短く感じますが、カップラーメンができるまでの時間だと思うと長く感じる感覚といいますか、捉え方の問題と言いましょうか…とにかくどんな瞬間もかけがえのないものであることに変わりません。

 

「ONE」から収録順にタイトルが1→2→3となっているので、ライブでも折角なら順番に披露してほしいですね。


5. コイワズライ

歌詞を見て驚いたのは一切の外国語が使われていないことです。

(すっかり日本語化したカタカナでさえも)

 

これは彼女の曲だけでなく、他のアーティストを含めてもかなり珍しいことなんじゃないかと思います。

 

忘れられない恋を歌った曲ですが、たとえ辛い思いをしてもいつか笑える時が来るよ、というメッセージを真っすぐに伝えてくれています。

 

歌詞にあるような気持ちを本当は好きな人に伝えたいけど伝えられないもどかしさも感じられて、タイトルのしっくりくる感は随一です。


6. 花びらたちのマーチ

こちらは「I beg you」のシングルにも収録されている曲ですね。

 

かわいらしいタイトルだけど別れを歌ったセンチメンタルな曲で、春の景色は今も昔も美しいまま変わらないのに、大切に想う誰かがいないだけで寂しく映るということを歌っています。

 

タイトルにある「マーチ」はやっぱり”3月”と”行進”を掛けているんですかね。

 

この曲のレビューを含む記事はコチラ


7. 思い出は奇麗で

寂しさと優しさが共存している曲です。

 

過ぎてしまった時間を懐かしみつつ、それだけに囚われず前に進もう、という前向きな意思を感じます。

 

具体的な風景描写ですが聴いた人がそれぞれに懐かしい情景を思い浮かべることのできる絶妙なワードチョイスです。


8. Monochrome Syndrome

人と人とのつながりにおいて決まり事なんていらない!曖昧な部分が沢山あるから面白い!というメッセージを感じました。

 

確かにそれこそが自分以外の他者と交わることの意味ですよね。

全てが予想できることばかりだったら退屈ですから。

 

「適当」という言葉が好きなので非常に共感しました。


9. SUN DANCE

陽の当たる温かい場所に飛び出していこう!前向きさを感じるアルバムと同タイトルの1曲。

 

勝手な解釈ですが、この曲が今の彼女の心情が一番現れている曲なのではないかと感じています。

色々あったけど今この場所にいることの喜びを歌っているように思うからです。

 

以前ライブのMCでデビュー当初との気持ちの変化について話していたことがありますが、どんな感情であれ素直な言葉であれば必ず伝わりますから、これからもずっとその時に好きな歌を歌い続けて欲しいと思います。


10. One -epilogue-

アレンジ違いとは言え同じ曲を収録するということは、それほどまでして伝えたいメッセージであるということでしょう。

 

収録曲全てに共通している「一緒に」「共に」といった表現が一番伝わる曲なので、アルバムの最後に相応しいと思います。

 

だったら元からこの曲を最後に収録すればいいじゃないか!という話になるかもしれませんが、それだと1→2→3の綺麗なつながりがなくなってしまいますからそれを言うのは野暮でしょう笑

 

暖かい春の陽射しのような優しさの籠った1枚です 

「太陽」というテーマに相応しく歌詞も曲調も明るく優しいものがあ揃った素敵なアルバムでした。

 

太陽というと季節によってその存在感は変わってきますが、熱く焼けるような強い陽射しではなく、優しく包み込んでくれるような陽射しのイメージなので、暖かくなる春の始まりにピッタリです。

 

これまでも傍に寄り添ってくれるような優しさのある曲が沢山歌われてきましたが、「苦しさを分け合う優しさ」から「頑張ろうと励ましてくれる優しさ」と違うタイプの優しさに変っています。

 

どちらもがあって本当の優しさですからね。

苦しさを沢山歌ってきた彼女だから歌える優しさなのでしょう。

 

そんなとにかく優しい1枚でした。

 

同時発売「Penny Rain」の記事はコチラ

 

 

Sun Dance & Penny Rain(完全生産限定盤)(2Blu-ray Disc付)(特典なし)

Sun Dance & Penny Rain(完全生産限定盤)(2Blu-ray Disc付)(特典なし)

Sun Dance & Penny Rain(完全生産限定盤)(2Blu-ray Disc付)(特典なし)

 

 Aimer関連記事はこちら