感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

スター☆トゥインクルプリキュア第12話「さよならララ!?映画監督は宇宙人☆」感想~笑いアリ涙アリ!アブラハム監督の新作にご期待ください!

衝撃的な敗北から4人の絆で生まれた新しい力で見事勝利!と思ったら今度は正体がバレてしまうピンチ!をどう乗り切るのかが注目されたスタプリ第12話の感想です。

 

いきなり映画監督って都合よすぎるでしょ!と思ったらそこにもちゃんと理由があって、全体的にコミカルな印象の回でしたがエピソードとしても重要な見所の多い回でした。

 

JJエイ〇ラムス!?都合よすぎる映画監督の正体

随分訳知り顔で現れたので、この正体がバレてしまうかもしれない窮地を救うためにひかるのおじいちゃんの仕込みか何かかと思った映画監督アブラハムでしたが、その正体は宇宙星空連合という非常に怪しい組織の調査員ミニチュア星人でした。

 

この展開は予想していなかったのでプリキュア達と一緒になって驚いてしまい少し恥ずかしかったです笑

 

しかし映画の撮影だったという説明だけで納得してしまう辺りまどかのお父さんも中々にチョロかったですね。

 

長いものには巻かれろ的な考え方が頭の固いお父さんらしいと言えばらしいのですが。

まあ総理大臣の名前が出たらそれに従うしかないですよね。

 

ララがその前を聞いてビビっていた宇宙星空連合…その胡散臭さは仮面ライダーキバの素晴らしき青空の会に通じるところがあります笑

 

映画「忍法 羽衣伝説 妖怪スペースウォーズ」制作決定!

 成り行きで映画を撮影することになりましたが、プリキュアの劇中劇はカオスな内容なのがお約束化している所もあり、スタプリでも「忍法 羽衣伝説 妖怪スペースウォーズ」というタイトルからして爆死の匂いがする作品でしたね。

 

芝居が出来なかったりセリフを覚えられなくてメチャクチャになってしまうのが常ですが、例え監督の求める通りに撮影できたとしてもクソ映画に違いないと思ってしまったのは私だけでしょうか笑

 

ただこのハチャメチャな感じは鉄板で面白くなるので楽しませてもらいましたが。

 

台本とは全く違うセリフを言い始めた所で「言うか?言ってしまうのか?」とソワソワしていたら一言一句違わず「カメラを止めるな!」言った所も笑ってしまいました笑

(「撮影は続ける!」まで言った所からして好きでパロってますよね絶対)

 

「カメラを止めるな!」の記事はコチラ

 

とりあえず一件落着!で良いのだろうか…

撮影中に現れたアイワーンとノットリガーを撃退するために変身して戦う展開になりましたが、スタッフや見学していたおじいちゃんに見られてしまったのでは?と心配するのは野暮ってものですね。

 

とりあえずこれまでの騒動はすべて映画撮影の為ということで誤魔化すことに成功したようなので良かったということにしておきましょう。

 

4人の絆も芝居を超えた友情でまた一つ強くなりましたしね。

 

ただ前回登場したトゥインクルステッキの説明が今回なされなかったので、どこかで聞けたら良いなとは思います。

 

とりあえずミニチュア星人が人情のわかる宇宙人で本当に助かりました。

しかし、お蔵入りになったであろう「忍法 羽衣伝説 妖怪スペースウォーズ」のスタッフや関係者にはあの後どう説明したのか気になります笑

 

スター☆トゥインクルプリキュア トゥインクルステッキ 

次回は羽衣ララの初登校!

木陰から見守るプルンスのツッコミが非常に効いていたスタプリ第12話でした。

 

平成最後の青山充ひとり原画も楽しめましたし、笑いも感動もあって面白かったです。

 

粋なミニチュア星人の提案でララが地球で暮らしやすいように「羽衣」という名字が付いた大事な回でもありました。

 

ひかるが付けてくれたこの名前、きっと終盤で感動的なエピソードに繋がるのではないかと予想します。

(シチュエーションは別として「ひかるが付けてくれた大切な名前るん!」的なセリフを言いそうな予感)

 

次回からはララも学校に通うことになりますが、これもまたハチャメチャな展開になることが安易に予想できますので楽しみです。

f:id:writer_A:20190423143742j:plain

前回の感想はコチラ

スター☆トゥインクルプリキュア トゥインクルステッキ

スター☆トゥインクルプリキュア トゥインクルステッキ

 
カメラを止めるな!  [Blu-ray]

カメラを止めるな! [Blu-ray]