感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

5/6~5/12に放送されたドラマの感想まとめ~スケールが大きく見応えのあった「インハンド」

なつぞら 第6週

ついに桐生戦兎こと犬飼貴丈登場!

彼が出演するというのが視聴のキッカケでもあったので嬉しい限りですが、何もない所からあまりにもフラッと現れたので笑ってしまいました。

 

彼の弟役である吉沢亮が広瀬すずに言った「だったら行くなよ」というセリフがカッコよすぎて一瞬乙女になってしまいそうでした笑

 

しかしこの週は最後の2回で大胆に話を動かしましたね。

 

なつを大切に想っているが故とは言え、じいちゃんが軽く暴走してしまいましたが、それに対するなつのカウンターが的確過ぎて何も言えなくなってしまった姿切ないのなんの…。

 

なつは東京に行くことになると思いますが、じいちゃんとどのように別れるのか非常に見物ですね。

(じいちゃん推しなので出番が減ってしまうのも寂しい…)

ラジエーションハウス 第5話

またしても見るだけで勉強になる死亡後診断の話でした。

 

刑事ドラマ的な側面もあり見ごたえがありましたが、あの死因では家族もやり切れませんよね。

 

犯人となってしまった少年にも同情できる要素が一つでもあれば良かったのですが、流石に逆恨みが過ぎました。

どんな理由であれ格闘技経験のある人が人を殴っちゃいけませんよね。

 

なんか去り際もスッキリした顔しちゃってましたし。

後悔でボロボロになってる姿でも見れればまだ同情できたかもしれなかったのに。

わたし、定時で帰ります。 第4話

なんだか毎回問題社員を取り上げてそんな人ばっかりの会社みたいになっちゃってますけど、いきなり人間が変わったわけじゃないからすべてユースケが来たことが原因なんですよね…。

 

今回は柄本佑が問題児扱いされていましたが、どうやらマクロスが好きっぽかったので勝手に親近感を覚えていました笑

 

ただアニメ好きの社会人だったら家に帰ってやることがないはずがないと思うんです。

録画してるアニメ消化するのに時間がいくらあっても足りないでしょう…笑

パーフェクトワールド 第3話

付き合いたてとは言え、二人ともいい年してるのに初々しすぎて堪りませんね笑


しかし色んな人の気持ちが交差しだして面白い展開になってきました。


それぞれが誰かを想う純粋な気持ちしかなく、誰かを貶めようという悪意は今のところ感じないので不快感なく見られるのも良いです。

 

ただこれからドロドロな感じになっていきそうですよね…またしても山本美月はかわいそうな目に遭ってしまうのでしょうか…。

白衣の戦士 第4話

今更ですが何故中条あやみはこの病院に採用されたんですかね…初めから彼女の良さを認めてくれている人(「ラジエーションハウス」でいう所の院長)がいないので何かやらかすたびに「どうして?」と疑問が浮かびます。

 

頑張ってるのはわかりますが命を扱う場でミスが多すぎて…自分が患者だったらいくらかわいくても許せないかもしれません笑

 

正直すでに集中して観れなくなっていますが、どのような話の落とし方をするのかは気になるので見続けたいとは思います。

インハンド 第5話

遂に明らかになった紐倉の過去ですが、体だけでなく心にもとてつもないダメージを負っていたとは。

 

過去を知った菜々緒と濱田岳がこれからどのように接していくか…と言った感じですがきっと変わらないでしょうね。

変わり者ですが根はイイやつというのが元からわかっていたので。

 

ただ二人よりも紐倉が少しだけ二人に対して素直になれるようになったと思うのですごく良かったと思います。

 

にしてもアメリカをめちゃめちゃ悪者にしてましたが文句とか言われないのか心配になったのは私だけ?笑

俺のスカート、どこいった? 第4話

職業体験で探偵ってどういうこと…と思いましたが副担任がハーフボイルドの探偵でしたね笑

 

「あなたの番です」イジリがあったのも同じ局ならでは。

 

…真面目に観るのは正しい視聴法ではないと判断しているので大した感想浮かばないですね笑

集団左遷!! 第4話

街頭でキャンペーンしている最中に人前で当たり前のように着ぐるみ脱いじゃダメでしょ支店長笑

 

いつもピンチばかりなので「事件です!」でCMに入った時にまた大変なことが起こるのか…と思いましたが良い意味での事件だったので、勝手にネガティブな想像してしまった自分にちょっと笑ってしまいました笑

あなたの番です 第5話

そもそも誰かから大なり小なり「死んでほしい」と思われている人が殺されているだけなので被害者に同情できることがなく、死が軽く見えるから茶番に見えちゃうんですかね?

 

こんなに事件が連続したら誰かと顔を合わせるのも嫌になるだろうに、ちゃんと会議には出席する変な真面目さに全く共感できず…。

まともに見えて全員頭おかしいですよね。登場人物。

 

まあメタ的に袴田吉彦が殺されてしまったのは体張ってるなーと思って笑えました。

 

一番面白かったのは…「インハンド」!

紐倉の過去に迫った「インハンド」が一番見応えがあり面白かったです。

 

エボラや米軍の陰謀などスケールの大きな話は漫画原作ならではといった感じでしたが、丁寧な絵作りで緊張感があり引き込まれました。

 

これからよりスケールの大きい話になっていくのかと思うと今後も楽しみです。インハンド プロローグ 1-2巻 新品セット

インハンド プロローグ 1-2巻 新品セット

インハンド プロローグ 1-2巻 新品セット

 

 前回の感想まとめはコチラ