感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

2019年Jリーグ第14節 川崎フロンターレVS浦和レッズ~これまでとの「違い」が生んだ同点劇。

突然のオリヴェイラ監督解任から大槻監督が就任し、初めての試合となった川崎戦はラストプレーで同点という劇的な幕切れでした。

 

開幕前のゼロックスでは成す術もなかった相手に、それもアウェイでこの結果は十分と言って良いでしょう。

(当然、勝ちたかったですが)

 

いきなり見られた大槻カラー

監督交代後、まず一番大きく変化が出るのはその選手起用だと思っていましたが、想像以上に大胆なスタメンの布陣でした。

 

システムの変更に加えこれまでベンチ入りすらしていなかった新加入の岩武をスタメンに抜擢しただけでなく、途中出場が多かった宇賀神、柴戸、マルティノスをスタートから起用し、これまでとは明らかに「違うぞ」という所を見せてきました。

 

スタメンの固定化が現在のような状況を招いたのは明らかな所なので早速テコ入れしてきましたが、ゲームの内容も非常にアグレッシブで前からボールを「奪いに行く」姿勢が見て取れました。

 

こういう戦い方は観ていて「気持ち」を感じるので非常に好印象です。

 

ただあれだけ「ガムシャラ」に走り回るサッカーではさすがに体力が持ちません。

 

前半の惜しいチャンスを決め切ることが出来ていれば…

 

やられたい放題の後半…でも負けなかった

開始直後の宇賀神のクロス、武藤のロングシュート、マルティノスのヘディングと前半は惜しいチャンスを多く作れていたのですが、思った通り後半は前に出ていけなくなり防戦一方でした。

 

その中で失点し、それからもやられてもおかしくないシチュエーションを何度も作られましたが相手のミスに助けられました。

 

今シーズンはボールを回してくるチームにことごとく苦戦してきましたが、その点の修正をするための時間はさすがになかったと考えるしかありません。

 

先ほどから「たられば」の話ばかりになっていますが、その内1本でも入っていたら結果は大きく変わっていたでしょう。

 

最終的にはラストプレーで劇的な同点に持ち込むことが出来たのはチームの状況からして本当に大きいです。

 

コンディション、戦術、そして何よりも気持ち

これまでの不調の原因は沢山あります。

まずはスタメン固定によるコンディション不良。そして殆ど存在しないと言っても過言ではない戦術の稚拙さ。

さらにはうまくいかない状況が続く中で見えなくなってきた選手の覇気。

 

まだたった1試合だけではありますが、これらの問題がクリアされていきそうな兆候を見ることが出来ました。

 

ここで負けてしまっていたらこれ以上何を変えていけばいいんだ、と迷いを覚えてしまっていたかもしれません。

 

それを偶然が重なったプレーとはいえ終了間際に同点に追いつくことが出来たのは本当に大きいです。

 

ゴールキーパーまで上げて最後まで諦めなかった姿勢が生んだゴールであるのは間違いありません。

 

そうした「諦めない」「戦う」姿勢をこれからも見せてくれることを願います。

 

中断明けにさらに変わった姿を見たいものです

代表マッチウイークでJリーグは束の間の中断に入りました。

 

限られた時間ではありますがここでどれだけ大槻監督のやりたいことを浸透させることができるかどうか、非常に大切な時間になります。

 

そう考えるとオリヴェイラを解任するタイミングとしては「ベスト」だったと言えるかもしれません。

実際に試合をするかしないかでは大きな違いがありますので。

 

とにかくここからの巻き返しに期待しましょう。

f:id:writer_A:20190605114419j:image

前節の記事はコチラ