感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

6/10~6/16に放送されたドラマの感想まとめ~ある意味1番面白かった「あなたの番です」

なつぞら 第11週

今週は特になつが苦労したり悲しい出来事もなかったので楽しく見れました。

 

歯に衣着せぬなつの言動が笑えるシーンはお馴染みですが笑えます。

 

果たして妹の千遥と無事に会えるのでしょうか…

ラジエーションハウス 第10話

母親が子供の為に良かれと思ってやったことが病気につながるとは…これも知識がないと防げないことなのでこうしてドラマを通じて知れるのはいいことですね。

 

赤ちゃんの精密検査ってめちゃくちゃ難しそうでしたが、見事な連携でこなしていく姿はかっこよかったです。

 

技師チームだけじゃなくて鏑木先生も見せ場があって技師と医師、合わせてラジエーションハウス なんだということが再認識できる回でした。

パーフェクトワールド 第8話

日々の暮らしが不自由なだけじゃなく常に命の危険まで抱えてるとなったら鮎川くんがつぐみと別れる決心したのも頷けるものがありましたが、絶体絶命!という状況で思い出すのがつぐみの笑顔って…どんだけ純愛なんだよ…とその想いの強さにちょっと泣けてしまいました。

 

不倫とか浮気は基本的には一切受け付けないんですけどね…どつぐみに関しては許してしまっている自分がいます。

 

ヒロはもちろんかわいそうなんですけど、彼もつぐみの中に鮎川くんがい続けているのをわかっていますからね…こうなる覚悟と言うのは常にあると思います。

 

自分の気持ちに正直になれるのは自分しかいないので、一度きりの人生を後悔しないように生きるためにはとことん素直になるしかありません。

 

そう思っていたら最後の最後で2人とも同じこと考えているなんてね…ちょっと二人は自分に酔っているところもあるかもしれませんが、相当考えた上での決断ですのでどんなに批判されようが覚悟の上でしょう。

 

二人で乗り越えていってほしい物です。

 

面白い恋愛の創作物を見てると思わずテレビに向かって話しかけちゃうことありますが(どうしてそこでアタックしないの!とか笑)、避難した車内で鮎川くんが手に触れるか迷っていたシーンでめっちゃテレビに話しかけてました笑

わたし、定時で帰ります。 第9話

ロクでもない上司なユースケですが、人を調子に乗らせるのだけは得意と言う本当にロクでもないことが改めてわかりました。

 

それにまんまと乗せられてるスタッフもスタッフですけどね…みんなこれまでユースケのせいで面倒なことになってるのを忘れてしまったのでしょうか笑

 

みんなにいいこと言ってたら後々破綻するのは目に見えているのに…吉高以外誰もそのことに気付いていなくて飽きれてしまいました。

 

そして最後の中丸くんの不甲斐なさ…「パーフェクトワールド」のヒロを少しは見習ってほしいです笑

ミストレス 第9話

なんだかカルトドラマのような狂気の展開になってきたのが面白かったので久々に触れてみます。

 

水野美紀の旦那がまさか生きていたとは…この展開は誰も予想していなかったのではないでしょうか。

 

このまま行くと4人の主役全員が不幸になるエンドしか見えませんが果たしてどうなるでしょうか…ハッキリと悪いことをしていると言い切れないだけに全員BADENDはないと思いたいですが…

インハンド 第10話

エボラ蔓延というどちゃクソハード展開が後半待っていたので、バランスを取るように前半はギャグが多めだったんですかね…。

 

「アンナチュラル」の時も思いましたが、パンデミックって自分では防ぎきれない要素が多すぎるので本当に怖いです。

 

とにかく見ていて本気で怖いと思ったので、ドラマとしては非常に面白かったですけど。

あなたの番です 第10話

木村多江のイカれた演技が最高に可笑しかったのでこちらも久々に触れてみます。

 

息子を監禁した理由も旦那との会話も凶器がミキサーだったのも、全部がクレイジーで笑うしかありませんでした。

 

このように登場人物の誰にも共感できないどころか、むしろイラつくことのほうが多い(主に田中圭)のでいまいち楽しめないんだなと改めて思いましたが、最後の展開には驚きました。

 

これで第1章は終わりと言うことで、反撃編が始まるとの事ですが、これを機に田中圭が感情を亡くした無慈悲なアベンジャーと化すような展開になったらこれまでのアダルトチルドレンっぷりがいい振りになると思うので期待しています笑

1番面白かったのは…「あなたの番です」!

どの作品も最終回目前ということでいい感じに盛り上がってきていて、どれも面白くて迷いましたが、今回は”ある意味”一番面白かった「あなたの番です」を選びました。

 

「パーフェクトワールド」はいつもどおりヤキモキする展開で面白かったですし、「インハンド」も緊張感バリバリで面白かったのですが、木村多江の寄行が全部持っていった感じです笑

 

あのミキサーで脅している絵がとにかくシュールで…シチュエーションとしては緊迫していましたが回転しているミキサーの先端が気になって仕方なかったです笑

 

次回は最終回のものが多いので感想の書き甲斐がありそうで今から楽しみですね…。

STAND-ALONE

前回の感想まとめはコチラ

STAND-ALONE

STAND-ALONE