感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

6/23~6/29に放送されたアニメの感想まとめ~時飛ばしを喰らったように体感時間の短すぎる「ジョジョ」

続・終物語 最終話

とりあえず扇ちゃんが阿良々木くんの制服にツッコんでくれて良かった笑

 

まさか鏡の世界に入っちゃったワケではなかったとは…ちょっと後出しジャンケン感がありましたけど。

 

今回の出来事がこれから世界にどう影響していくのか気になる所ですが、続きが観れるのはいつのことやら…。

 

個人的には最後にガハラさんとのイチャイチャが見れたので最高でした。

鬼滅の刃 第12話

善逸は好き嫌いがハッキリ分かれそうなキャラだなーと思って観ていましたが、どうやら結構人気あるようですね…何が言いたいかと言うと私はニガテだということです笑

 

アクションシーンはカッコよかったんですけど…日頃の感じは炭治郎も呆れるレベルですからね。

身近にいたらウザいだろうなとしか思えず笑

 

そして松岡くん演じる新キャラも中々のイカレっぷり…これから炭治郎は苦労しそうです。

この音とまれ! 第12話

前回まで琴やってる男子は少ないって話してたのにいきなり男キャラが増えた笑

 

ついに先生の正体が判明しましたが、やっぱり只者じゃあなかったですね。

 

そして演奏直前に起こるアクシデント…大会を戦いに置き換えたらやっぱりジャンプ的な展開で熱い!

進撃の巨人 第58話

エレン?ミカサ?アルミン?知ってる名前がどんどん出てきましたが一体…。

 

ファンタジー色が強まってきましたが、この展開も元々考えていたものだったとしたら凄いなーと。

 

こういったストーリーで見せる部分だけではなく、どこまで本気なのかわからないユミルのヒストリアへの手紙や厨二扱いされているエレンなど笑えるシーンも多く楽しめました。

ワンパンマン 第23話

怪人に感情移入する少年だったガロウは純粋すぎるが故に怪人を目指しているのがよくわかる回でした。

 

敵であるガロウが勝ってスッキリする展開は面白かったですが、ホッとしたところでジェノスが来るとかガロウも災難です。

 

にしても「毒が…」とか言ってる割に結構粘ってるガロウがちょっと笑えました。

世話焼きキツネの仙狐さん 最終話

何度も書いていますがホント中野の同僚の無能さに腹が立ちます笑

 

最終回なのにこれまでの良かった所を殆ど出てこなくて少し残念でしたが、これが原作通りなのだとしたら仕方ないです。

 

そして結局問題は何も解決してないまま終わるという…まあそこに期待するような作品じゃないですけど笑

盾の勇者の成り上がり 最終話

異世界の勇者と戦わなければならない理由やソウルイーターシールドがグラスに効く理由など、ちょっと説明不足な感じがありましたが細かいことはいいでしょう。

 

打ち切りというワケじゃないのに完全な「俺たちの戦いはこれからだ!」ENDだったので笑えました。

 

ここからが物語の本番と言う感じなので続きが気になりますが果たしてみることは出来るのでしょうか…

ジョジョの奇妙な冒険 第36話

少々謎な理論もあり強引な感じもありましたが、「細かいことはいいんだよ!」といいたくなる熱量と密度でした。

 

矢をめぐる二転三転の攻防…今回だけで原作何話分使ったんだろうか気になるくらいの濃さでアッという間に終わってしまいました。

 

残る話数ももう少ないと思いますが、反則級に強いディアボロを一体どうやって倒すんでしょうか…続きが気になりますが同時に終わって欲しくもないので複雑です。

フルーツバスケット 第13話

また違ったタイプのイケメンが増えましたが、アレが兄貴だったらと思うと確かに嫌だなーと笑

 

でも破天荒なようでいて、それは誰かの為に演じてるんだなと思うと中々かっこいいヤツなので個人的には十二支の中でもかなり好きな方です。

(元ロン毛なので髪の毛の長いキャラにシンパシーおぼえがち笑)

1番面白かったのは…「ジョジョ」! 

 通算何度目になったかわかりませんが、今回も1番面白かったのは「ジョジョ」です!

 

クライマックスということで怒涛の展開続きで緊張感が尋常ではありませんでした。

 

どうすれば倒せるのか、全く予想できないボスを相手にしていると言うのも緊張感に繋がってると思います。

 

改めて原作を読んでいなくて良かったです。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T Vol.3 Finale

前回の感想まとめはコチラ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T Vol.3 Finale

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T Vol.3 Finale