感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

6/30~7/6に放送されたアニメの感想まとめ~春アニメと夏アニメが入り乱れて急がしい!!

この音とまれ! 第13話

1クール目の最終回だというのにこれほどまでにキャラクターのテンションを下げちゃって暗いまま終わっちゃうのかな?と心配になりましたが、光太キッカケに音が合う所からはひたすら熱い展開で杞憂に終わって良かったです。

 

ただ演奏が終わった所でそのまま終わってしまい、ここから3ヶ月待たされることになるとは笑

 

非常に続きが気になります…さすがに大会の成績は期待できませんが笑

進撃の巨人 第59話

ずっと目指してきた海にようやく辿り着いたってのにこれから待ち受けてる運命が過酷すぎる…この無情な感じや重厚感が他の作品にはない魅力なんだと再認識しました。

 

どうやら完結までアニメ化してくれるとのことなので非常に嬉しいのですが、ここからも結構長いらしいので全てが終わるのはいつのことになるのでしょうか…笑 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第0話

ウェイバー…10年でこんなに人は変わるのか…と思ったら中身はそんなに変わっていなくて笑えました。

 

思ったよりもギャグがあって、他のfateシリーズとそんなに結びついてるワケじゃなさそうだから単独の作品として楽しめそうです。

鬼滅の刃 第13話

善逸の良い所が見れましたね…2週に渡って彼を批判していたことを謝りたいです笑

 

しかしあの猪頭、ここまで酷い仕打ちをしといてこれからどんな面して仲間になっていくのでしょうか…顔隠れていますが…笑

 

にしても終盤のテンポの悪さと次週への引き方がドラゴンボールのアニメ見てるみたいじゃなかったですか?笑

(要するに引き伸ばし笑)

ワンパンマン 第24話

あんなにヤバいムカデ長老もワンパンとか…もはやサイタマのパンチはパンチを超えた何かですよね笑

 

これもまた気になるところで終わってしまいましたが、ここからガロウが怪人になるような展開なのだとしたら続きが気になります。

かつて神だった獣たちへ 第1話

冒頭からは春アニメ「fairy gone」臭を感じましたがこっちのほうが全然わかりやすかったのでまだ良かったです笑

 

これまで一緒に戦ってきた仲間なのに正気を失ったと分かったら容赦なく殺す宣言されたらやってられませんよね…これでいきなり主人公キャラに感情移入できなくなってしまいましたが、作中のキャラクター達も同じように考えたからこそ物語が成り立つようなので正しい演出だったのでしょう。

 

このご時世にメインキャストが中堅どころばかりなのは個人的に超好感が持てたので次回も見ようと思います。

キャロル&チューズデイ 特別編

なんで最終回の直後に総集編なんてやるんだろう…と思ったらまさかの2クールだったんですね!

 

正直ありふれたガールミーツガールから抜け出せていない微妙な感じだったので後期は期待してます。

(事前の期待値は結構高かったので…)

魔王様、リトライ! 第1話

「なろう」が一般化してる状況から異世界に来てるからちょっとノリが違いましたね。主人公おっさんだし笑

 

やたらとテンポ良かったり走ってる内にだんだん速度上がってくる所とか笑ってしまったので次回も見てみます。

彼方のアストラ 第1話

間髪入れずにギャグを挟んできて、ずっとこんな感じで進んでいくのかなーと思ったらいきなりシリアス展開!

 

宇宙では常に何が起こるかわからないから怖いですよね…こういう作品好きなので楽しめましたが。

 

初回が放送が1時間だと知らずに見ていましたが、全くそれに気付かないほど体感時間短くて面白かったです。

 

謎の球体の正体やら飛ばされた理由など気になる要素もあるだけでなく、変なギスギスを引きずらないですぐに纏まる感じも良かったのでやっぱりジャンプ作品は安心して見れるなと思いました。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第1話

ラティナ以外のキャラの無個性っぷりがヒドイ…笑

 

それくらいしか感想が浮かばないくらい無感情で見てました。

というか途中から完全にながら見に…視聴継続厳しいかもしれませんね。

Dr.STONE 第1話

主人公の髪型がネギなのは気になりましたが笑、ファンタジーに科学で勝つ!というテーマはこの「ファンタジーもの」全盛の時代に熱い気概を感じました。

 

いきなり3700年も時が進む壮大さや石化の謎など、続きが気になりますし、主人公コンビも生き生きしていて好感が持てます。

 

さすがジャンプ…裏切らないですね。

女子高生の無駄づかい 第1話

このノリに慣れるまではちょっと時間が掛りそうです。

 

それか慣れる事なく終わってしまうか…まあいくつかクスッとするシーンがあったからきっと慣れるでしょう!

 

こちらもキャストが中堅所を揃えているのが好感持てますし。

ジョジョの奇妙な冒険 第37話

いきなりブチャラティの消滅から始まるとか…終始息の詰まる展開でした。

 

一瞬弓の力を扱えないような描写がありましたが、ジョルノほどの男が矢に認められないはずがないですよね。

 

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの能力はスッと理解できませんでしたが、圧倒的強者感があってここからディアボロをボコボコにするのかと思うと続きがより楽しみです…ここから波乱は…ないですよね?笑

 

とりあえず最終回見忘れないようにしないと…。

フルーツバスケット 第14話

草摩の人間達はみんな影を抱えていますが、その中でも飛び切りハッピーな感じの紅葉の境遇もやっぱりかわいそうでした…これだけ辛い人生を送ってたら透の優しさに触れたら弱い所を見せてしまうのも仕方がないですね。

 

にしても夾がずっと居心地悪そうだったのと、最後のセリフが意味するものは…透に知られたら大変なことになりそうな秘密がありそうな予感…。

炎炎ノ消防隊 第1話

物語の指針も明確でキャラも立ってるし、アクションも迫力があって見応えがありました。

 

消火するのが仕事なのに主人公の能力が炎という設定も面白かったです。

 

しかし敵キャラ?は常に炎を纏っていないといけない縛りがあると思いますが、ワンパターンになってしまわないか、そこは気になります。

荒ぶる季節の乙女どもよ 第1話

全員頭おかしいんじゃないの??と思ってしまいましたが、思春期の描写をエンターテイメント化するにはこれくらいの表現をしないといけないのかもしれませんね。

 

際どいワードをセリフに散りばめる辺りにマリー節を感じたので、これからも日常では絶対聞けないセンスの言葉が聴けるのを期待しています。

グランベルム 第1話

とてもロボットものとは思えないキャラデザでしたが、「まどマギ」的なギャップを狙っているんですかね。

 

肝心のロボットは「魔神英雄伝ワタル」みたいなちょっとカワイイ感じで、バトル描写は迫力に欠ける感じだったので残念。

 

異世界や魔法少女的な要素まであって欲張りな感じでしたがどう転がっていくのでしょうか…まだまだわからないことだらけなので様子見ですね。

 

しかし操縦するのが初めてなのにボロ勝ちするって…そういう都合のよさも意識して組み込んでるんですかね?

1番面白かったのは…「彼方のアストラ」!

今週も「ジョジョ」と言いたいところですが、せっかく夏アニメも始まったのでその中から選びたいと思います。

 

ということで1時間の放送だったにも関わらずそれを全く感じさせない充実っプリと緊張感があった「彼方のアストラ」を1番とします!

 

テンポも良く合間に挟まれるギャグも個人的には嫌いじゃなかったので笑

 

色々言われているオリジナルの展開も個人的には原作よりも好きでしたし。

 

とりあえず1話に関しては見たもの全てに触れたのでかなり長くなってしまいました…次回からは引っかかったもののみに触れていきます。

第1話 前半 PLANET CAMP

夏アニメの視聴リストと期待値ランキングはコチラ

第1話 前半 PLANET CAMP

第1話 前半 PLANET CAMP