感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

7/14〜7/20に放送されたアニメの感想~我が街・所沢があのアニメに登場!!

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第2話

まさかフードをとったらセイバーそっくりのが出てくるとは笑

 

一体何者なんだあのセイ…助手は…笑

未だに一緒に行動している理由が謎ですがいつかちゃんとやってくれるのでしょうか?

 

しかしこの作品、推理がメインですけどトリックが魔術に紐付いたものなんで理解しようがないから話が頭に入ってこないですね笑

戦姫絶唱シンフォギアXV 第2話

気合いの入ったライブシーンから一般人が容赦なく殺されていくギャップが強烈…。

 

しかし残党だけでここまで侵攻できるのなら前回の戦いの時に協力してれば余裕で勝てたんじゃないかと思ったのは私だけでしょうか?笑

 

にしても翼さんが取り乱すのも仕方ないくらい描写がエグかったです。

ヴィンランド・サガ 第2話

OPの曲の暑苦しさは何なんですかね笑

 

純粋そうな少年だったトルフィンがどうしたらあんな顔つきになってしまうのか…3話までに明らかになるのでしょうか…早く続きが観たいですけど我慢します!

からかい上手の高木さん2 第2話

氷を持ち運ぶ勝負とは一体!笑

 

そんな謎の勝負を思いつく発想力がなんだか羨ましく、かわいい同級生とそんなことして過ごしたかったと強く思いました笑

 

ワケのわからない勝負でしたが、予想通りアッサリ落とした西片と高笑いする高木さんが何だか最高で爆笑でしたが、オチの高木さんの嬉しそうな口元の方がもっと最高でした笑

 

そして古今東西色々な作品で散々擦られたバレンタインデーのイベントでしたが、間違いなく今回が1番ニヤニヤしたと思います。

 

もう高木さんが毎日西片をどうやってからかうか考えてると思うだけでかわいいです… 

こなああああああゆきいいいい!

かつて神だった獣へ 第3話

1話の時から思っていましたが、主人公の髪型がある意味かわいくて真剣な場面なのにちょっと笑っちゃうんですよね…笑

 

3話にして若干絵に力がなくなってきてるのも相まって、あまり真面目に見れませんでした。

 

ずっとかつての仲間の所に行って倒すだけのワンパターンですし…次回はそのパターンが崩れそうだから一応見ますが。

コップクラフト 第2話

お互いの第一印象が最悪のところから始まるバディものっていいですよね…思っていた以上に認め合うのが早かったですが。

 

ハード目な世界観も好みですし、1話に続き引きも気になる感じで続きが楽しみです。

鬼滅の刃 第15話

基本ギャグ的なやりとりで締めるところは締める…コレがこの作品の本来のノリなのでしょうか?

 

だとしたら嫌いじゃないです!

 

しかし善逸と伊之助のお世話しないといけない炭治郎の苦労が偲ばれます…が、元々長男だからか世話役が性に合ってるっぽいですけど笑

魔王様、リトライ! 第3話

3話にして早くも作画が限界…おかげで話が一切頭に入ってこないので、もう見なくていいですかね。

 

まあ絵が綺麗だったところでこの手の作品は合わなかたっと思うので仕方ないでしょう。

ダンベル何キロもてる? 第3話

コスプレなのに衣装が弾けとんだところで吹いてしまいました笑

(ちょうど引用しているシーン笑)

 

というか街雄さんが筋肉アピールするシーンは全部笑ってるかも…やっぱり筋肉ネタに弱いみたいです笑

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第3話

このアニメ観てて気付きましたが「なろう」系の作品がニガテな理由のもうひとつに「緊張感がない」というのがあるなと。

 

たとえチートでも相手も同じくらい強くてどう倒すのか想像できない!とかだったら観れると思うんですけど、この作品に関していうとどんな状況でも頭の中は拾った娘(笑)のことばかり…思ったとおり観続けるのは厳しかったです。

とある科学の一方通行 第1話

時系列とか色々わからない所が多いですが、とりあえず”打ち止め”にだけはチョロ甘いアクセラさんの強さを楽しめればこの作品は良いのでしょう!

 

しかし一方通行対策の兵器のはずなのに全く役に立ってなくて笑えるやら悲しいやら…。

彼方のアストラ 第3話

カナタみたいな性格の人間が人を疑い始めちゃうとドツボに嵌まりそう…と心配しましたが、通信機が誰かに壊されたことをこんなにアッサリ話すのとは。

 

早くも2つ目の惑星に着いたり、殆どの仲間が打ち解けていたりとテンポが良くて見やすく、ギスギスになりそうな雰囲気になってもすぐギャグで躱すのはこの作品”らしさ”なのでしょう。

 

グルーガンを銃のように使うシーンは怪しかったですけど、それが霞むくらいには面白かったです。

 

しかし一斉殺処分ってワード、物騒すぎる…。

ギヴン 第2話

今回も絵に描いたような妄想バンドストーリーが展開されていてニヤニヤしてしまいました笑

 

変に奇をてらったものよりもこういうベタな方が安心して観れるのは年取った証拠なのでしょうか?笑

まちカドまぞく 第2話

このアニメの楽しみ方は劇中のキャラ達のようにシャミ子を優しく見守ることだとわかりました。

 

これからもゆる~く楽しみたいと思います。

(あまりのゆるさに観ながら何度も寝落ちしたのは内緒です。)

Dr.STONE 第3話

司が強いだけじゃなく頭もキレるキャラだったので、こんなん勝ち目ないんじゃ?と思ってしまったのは私だけでしょうか?

 

まあそれをどうにかしようと奮闘するのが楽しんでしょうけど。

 

毎度のことですが何千年の文明を一気にジャンプするってセリフはロマンがあってゾクゾクします。

女子高生の無駄づかい 第3話

なんと我が街・所沢が登場するとは!笑

 

それは置いといて「まちカドまぞく」同様このアニメの楽しみ方も3話で掴めた気がします。

 

ロリがその名通りに幼かったりとひどいですけどわかりやすい名前が付いていて、キャラの認識に大いに役立っているので良いアイデアだと思いました。

 

ちなみに4人が買い物してたお店は9月いっぱいで閉店してしまいます…笑

ダンまち 第2話

ほんとベルくんは毎度ボロボロになっちゃってますが、そうゆう要素が最近のラノベ作品とは違って観れる所なんですよね。個人的に。

 

この作品も要素だけ挙げれば都合のいいことばっかりではありますが、ちゃんと苦労したり努力してるシーンがちゃんとあるので受け入れられます。

 

ただ人間同士のイザコザよりダンジョンに潜る話の方が見たいので、サッサとこの問題片付けてほしいところ。

 

しかし吊り橋効果を使ってベルくんに告白したヘスティアはさすがでしたね笑

グランベルム 第3話

この勝手に盛り上がってる感…戦いの意味とかその理由がフワッとしてるのでどうでもいいや、と思ってしまいました。

 

キャラと独自のワードが多すぎるのと、それら理解する前に新しい情報がどんどん追加されていくので途中から追えなってしまい…配信でも観れるので今後の盛り上がり次第では観ようと思います。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話

それぞれの人間関係に進展が出てきて面白くなってきました。

 

ネットで知り合った男がまさかの教師だったのは完全に予想外でしたし。

 

そういう話の展開だけでなく「グッドバイ」に対する「バッドバイ」や「強い子のミロ」など細かな台詞回しもクスッとくるので、やっぱり私は岡田麿里脚本のファンなんだなと思いました笑

BEM 第1話

昨今のリメイクブームに乗っかって製作されたのでしょうが、なぜ「妖怪人間ベム」をチョイスしたのかやっぱり謎です笑

 

主題歌はOPとED共に群を抜いて最高でしたし、決してつまらないわけでもなかったのですが、観ている最中は「売れなさそうだな…」としか思えませんでした笑

 

次回はおそらく大幅にキャラが変更されたベラの活躍が見れそうですが、そこにこの作品の今後が掛っている様な気がします。

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第1話

ゲームの中に入っちゃう過程が雑すぎて笑ってしまいました。

 

前提からしてふざけているので他の「なろう」とは違ってギャグアニメだと思えば楽しく見れますね。

 

しかしお母さん…非常に若く見えますが一体何歳くらいの設定なんでしょうか?

 

あんなにおっとりした人、現実にいたら疲れそうですがフィクションであればかわいらしいと思うのでかやのんボイスも相まって好きになれそうです。

 

ただキャラデザが公開された時から思っていましたが、みんな目が怖い笑

1番印象的だったのは…「女子高生の無駄づかい」!

これまではまとめとして1番”面白かった”作品を挙げていましたが、これだと毎回「高木さん」になってしまいそうなので、”印象的だった”に変更してお届けしようと思います!笑

 

そんな記念すべきリニューアル後最初の1番は「女子高生の無駄づかい」です!

 

見た目も中身も高校生とは思えないロリの幼さや、バカに対するツッコミが的確だったロリばあちゃんには笑わせてもらいましたが、なんといっても愛すべき地元である所沢が登場したので笑

 

過去にSAOで所沢が登場した時も興奮しましたが、作品で取り上げられることが非常に珍しいので売れしかったです。

 

また登場するかはわかりませんが、たとえそうでなくても作品としても好きになってきたので今後が楽しみになりました。

女子高生の無駄づかい Vol.1 [Blu-ray]

 前回の感想まとめはコチラ

女子高生の無駄づかい Vol.1 [Blu-ray]

女子高生の無駄づかい Vol.1 [Blu-ray]