感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

仮面ライダージオウ第46話「2019:オペレーション・ウォズ」感想~さっすが克己ちゃんだわ~!

前回の続き…ゲイツがスウォルツの作ったアナザーワールドに取り込まれてしまった!と思ったらまさかの白ウォズ復活という予想外の展開から始まった仮面ライダージオウ第46話の感想です。

 

ゲストが殆どとは言え、この終盤にどんどんキャラクターが減るどころか増えてきていますが、今回はその帳尻合わせかのように退場した人がチラホラと…。

 

しかし今回は話の展開以上に熱くなるシーンがありましたね…克己ちゃん…。

 

意外だった白ウォズの協力

スウォルツに呼び出されまさかの復活を果たした白ウォズでしたが、まさかすんなり協力してくれるとは意外でした。

 

まあ「我が救世主のため」という行動方針からすると当然といえば当然なのですが。

 

自分の身を犠牲にする作戦を提案してくるなんて中々の男気でした。

 

懐かしい白ウォズのデスノートも味方側だとこんなに頼もしいとは…しかしアナザーワールドのゲイツ…もう一つの可能性の世界、つまり理想とする世界の中での彼はやっぱりソウゴと一緒にいたいと思っていたのがわかったのは微笑ましかったですね。

 

何度も繰り返されるそのシーンをウォズとツクヨミにバッチリ見られた彼の気持ちを思うとやるせないですが、無理して未来に帰る選択をしていたのは見え見えだったので良しとしましょう笑

 

地獄を楽しみました!

三位一体になるトリニティは皆が個別に強力な力を得た今となってはもう出番がないと思っていましたが、まさかここで役に立つとは…まあどうしてアナザーワールドに行けたか、という理由はフワッとしていましたけどね笑

 

しかし驚いたのはアナザーワールドを破壊できるほどの力を持っていたエターナルですよ。

 

ガイアメモリ全挿しのマキシマムドライブがとてつもないパワーなのは想像に易いですが、そう思うとダブルはよくこんな怪物に勝てましたよね。

 

克己も「たまたま風が吹いただけだ」なんて言っていましたが、その通りあそこで風が吹いていなければ確かに負けていなかったでしょうからね…ライダー映画でも屈指の出来である「AtoZ」の要素を取り入れたセリフには痺れました。

 

それに散り際の美しさと言ったらもう…「仲間の元に行ける」というセリフも最高でしたが、まさかサムズアップまで見せてくれるとは。

 

演じた松岡さんの発案らしいですが、こういうことを思いつくあたり心から克己を、エターナルを大切にしてくれているのが伝わって嬉しかったです。

 

ジオウにおけるダブルの扱いは不遇とされてきましたが、最後に素晴らしいものを見せてくれたのでこれ以上文句を言うのは筋違いでしょう。

 

たっぷり地獄を楽しませて頂きました!

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ

 

ソウゴのストレス指数ハンパないって!

スウォルツの目的はソウゴにライダーの力を集めさせて最後に奪うことのようだと判明しましたが、どれだけ用意周到なのでしょう…。

 

スウォルツを倒してもツクヨミと一緒にいられなくなってしまう…でもそうしなければ最悪な未来が待っている…もしくはオーマジオウへの道を進む…果たしてどの選択をソウゴは取るのでしょうか。

 

今回の白ウォズのように皆筋の通ったキャラばかりなのでそれに照らし合わせるとスウォルツを倒す道を選ぶと思いますが、ツクヨミとの別れをすんなり受け入れられるとは思いませんので…こんな難しい選択を迫られたり、目の前でミハルが倒されたりとソウゴの受けているストレスは半端じゃないですよね笑

 

それにしてもミハル…彼は死んでしまったのでしょうか…せっかくゲストで出てきたのにそんな扱いなのはあまりにもかわいそう過ぎる…。

 

次回EP47「2019:きえるウォッチ」

ということで幽汽が出てきたことに触れている余裕もないくらい濃い内容だったジオウ第46話の感想でした。

 

オーラもあっさりやられてしまって、ウールが殺された意味はいったい何だったんだ…と彼がよりかわいそうになってしまいましたね笑

 

まあ怒涛の退場ラッシュは終盤のお約束ですので…次回は士がピンチの様子だったので心配ですが、それ以上にチェイスの復活という形はどうあれファンが楽しみにしていたものが観れますので期待しかありません。

 

 

しかし剛が映画でチェイスが本編…そう簡単には会わせないスタッフの心意気に拍手!笑

f:id:writer_A:20190807221208p:image

前回の感想はコチラ