感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

ザ イエローモンキー「GRATEFUL SPOONFUL」ツアー 8/8 日本武道館♣ セトリ&感想

9枚目のオリジナルアルバム「9999」を引っさげて行われているザ イエローモンキーの全国アリーナツアー「GREATFUL SPOONFUL」日本武道館公演の感想です。

 

この日からトランプの黒いマークの公演が続くということで後半戦のスタートいったところでしたが、色々な条件が重なった結果これまでのツアーでもトップクラスにハイテンションなライブになりましたね…やっぱり「武道館で観るイエローモンキー」は特別でした。

 

2019/08/08

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR「GRATEFUL SPOONFUL」

日本武道館 ♣

1.Love Homme
2.BURN
3.嘆くなり我が夜のFantasy
4.ロザーナ
5.SHOCK HEARTS
6.Stars
7.楽園
8.Changes Far Away
9.球根
10.Balloon Balloon
11.SPARK
12.赤裸々GO!GO!GO!
13.天道虫
14.Titta Titta
15.LOVE LOVE SHOW
16.SUCK OF LIFE
17.この恋のかけら
EC1.I don't know
EC2.バラ色の日々
FC3.悲しきASIAN BOY
EC4.Horizon

 

クローバーのパターンはこれで3回目のお披露目となっていましたが、初回で観た福井と比べると全く別のライブを見たような印象です。セットリストは完全に同じなんですけどね。

 

私は仕事を終えてから向かったので残念ながら「嘆くなり~」の途中からしか観れなかったのですが、それでも「頑張って来て良かった…」と心から思える最高のライブでした。

 

この日のロビンはとにかくもうテンションが高い!それに釣られてかメンバーも楽しそうで楽しそうで…これまで聴けなかった言葉がどんどん飛び出していました。

 

そのテンションの理由はいろいろ考えられます…2日前に行われた渋谷ラママでのprivate gigからの流れであること、ロビン曰く「命をかけて」挑むドームツアーを発表したこと、いつもより開演時間が遅いことは必ず影響していたでしょう。

 

それらの要素に加えて”日本武道館”という会場がより拍車を掛けたのも間違いないです。

 

改めて武道館のステージはイエローモンキーのためにあるのだと強く確信しました。

 

大人しくなんて…観てられるか!!

先述したように、途中参加でしたので周りの方の迷惑にならないようにと普段からは考えられないくらい落ち着いて観ていましたが、やっぱり大人しく観るのは不可能でしたね…特に「Balloon Balloon」からはアクセル踏みっぱなしですから。

 

先日公開されたドームツアーの告知VTRでも「今のイエローモンキー」の象徴として扱われている曲であり、本ツアーでも毎回ハイライトになっているこの曲から畳み掛け、凄くないですか?

 

「黒のマークは攻めたセットリスト」の言葉に偽りなく、とにかく畳み掛ける畳み掛ける…福井で観た時の詳細な記憶は抜け落ちていたので純粋な気持ちで楽しむことができました。

 

メンバーのテンションに釣られてロビン曰く「責任感のある顔している」この日のオーディエンスも相当な盛り上がりで最高の雰囲気でした…このお互い「愛し合ってる」関係が生み出す相乗効果は半端じゃなかったです。

 

こちらこそ「永遠に愛してます」

ライブでの定番曲である「SUCK OF LIFE」ですが、個人的にはこの日が現時点での今ツアーのベストアクトでした。

 

そう思える一つ目の理由は曲中に「武道館!」と煽りながら天井から吊るされている大きな日の丸を指差して見ていたシーンです。

 

「イエローモンキー」という名前で日本語でしか奏でることのできないロックをしているバンドですから日の丸には特別に感じるものがあって当然ですし、ファンからしてもその日の丸の下で歌う姿を観るのは特別です。

 

政治や思想の話はあまりしたくはないですが、日本への愛を表立って表現するのが何故か憚られる様なこの時代にこうして堂々としていられる信念の強さと、日本人であることへの誇り、そして日本を代表するバンドであり続けるという決意を感じ胸が熱くなりました。

 

そして二つ目の理由は最後に呟いた「愛してるよ」です。

 

シンプルな言葉だからこそ響くと言いますか、刺さると言いますか…自分が愛している人からこんなこと言われたらもう…ブログとしてやっちゃいけないことだと思いますが、言葉で表せないくらいの喜びでした。

 

加えてロビンとエマの濃厚な絡みもありました…同性のアラサーがここまでときめいているのですから、女性の皆さんはもう色々大変だったんじゃないかとお察しします笑

 

「バラ色の日々」のMCでも「永遠に愛してます」なんて言葉が飛び出して、こんな幸せな瞬間があって良いのだろうか…帰りに事故にでも遭ってそのまま…なんてことがあるんじゃないかと心配になりました笑

 

1日に2回もこんな愛の言葉をくれるなんて…これもハイテンションと武道館が起こした奇跡でしょう。

 

特別な夜はまだまだ続く…

復活して以降、特別にならざるを得ない「メカラウロコ」やこれも特別なシチュエーションだった「試聴会」でしか武道館でのライブは行われていなかったのに対し、今回はあくまでツアーの1公演でしかないと思い油断していたところが正直ありました。

 

だからこそ、改めて「武道館のイエローモンキー」が特別であることに気付けたのでしょうね…そう思うと尚更スタートから観たかった気持ちが強くなりますが、途中からだとしても本ツアーでもトップクラスに最高のショーだったと思えるライブでした。

 

「悲しきASIAN BOY」での「日本国旗に敬礼を!」も最高にカッコよすぎて痺れましたし…こんな凄いものを見せられた翌日にもまた同じ会場でライブが観れるなんて…しかも♠公演の初お披露目…これは待たしても特別なものになること間違いないでしょう!

 

ということでより一層イエローモンキーを愛さずにはいられなくなる”特別な”武道館公演初日の感想でした!

f:id:writer_A:20190809003402j:image

♣公演の記事はコチラ

過去の武道館公演の記事はコチラ