感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

仮面ライダージオウ第47話「2019:きえるウォッチ」感想~まるでディケイド「ジオウの世界」編

目の前でアクア=湊ミハルを殺されただけでなく、スウォルツから選びようのない選択を迫られソウゴの抱えるストレスが心配なところから始まった仮面ライダージオウ第47話の感想です。

 

冒頭でウォズも言っていましたが、ジオウの放送も残すところ今回を含めてあと3話しか残されていないなんて…寂しさもありますが果たして話を綺麗に畳むことが出来るかどうかも非常に気になります。

 

鍵を握るのは…おじさん?

集めたライドウォッチが壊れだし、それぞれのライダーの世界の要素がごちゃ混ぜになり大変なことになっていましたが、スカイウォールに始まり風都タワーやユグドラシルタワーが現れて大ピンチにも関わらずファンからするとテンションが上がってしまう事態に…笑

 

果たしてこの状況を脱却するためにはどうすれば良いのか…スウォルツをただ倒せばよいだけではないので非常に難しいですよね。

 

鍵を握りそうなのは当然ディケイドですが、ここに来て”時計ならどんなものでも直せる”おじさんの存在も忘れることはできません。

 

意味ありげにウォッチを見つめているシーンがありましたからね…次回の話になってしまいますがライダーであることをソウゴが告白しているようなシーンもあったので大きく関わってくるのではないでしょうか。

 

こまけぇことはいいんだよ!

事の真相を知るために士の力でもってツクヨミたちの世界に向かったソウゴでしたが、そこで語られたスウォルツがライダーの力を集めさせていた理由は中々のトンデモ理論でしたね。

 

他の世界を滅ぼせば自分の世界が破滅しなくなる所には根拠はないですから…しかし、それぞれのライダーごとに世界が存在するとしたらこれまで映画などで繋がっていた世界は一体どういう理屈になるのでしょうか?

 

平成ライダーの世界は独立しているようなものもありますが、明確に繋がりを感じるシリーズも多々ありますので…まあ「あくまでもジオウの中での話」ということにしておくのが物語を楽しむためにはベストだと思うのであえて気にしないことにしましょう笑

 

ここら辺の話どうこうよりもディケイドの活躍がカッコよかったですし。

 

仮面ライダーディケイド「ジオウの世界」

まさかツクヨミをかばって(一時的とはいえ)士が命を落とすとは思わなかったので驚きました。

 

まあ士がやられるのを黙って見ているはずが無いので海東が助けにきたことには驚きませんでしたが笑

 

手に入れたアナザージオウⅡの力をあのように使うとは思いませんでしたが、副作用とは言っていましたが自分で復活させておいてまた倒そうとする辺りは非常に海東らしくて笑えました。

 

にしてもライドウォッチにライダーの力を半分残しておいたなんて、そんな裏技が許されるのは士しかいませんよね。

 

戦闘時に少し頼りなかったのも半分の力しか出せなかったからという理由があって、ディケイドの格が落ちないナイスアイデアだと思いました。

 

本編で使われていたBGMまで流れ出しただけでなくジオウの姿にも変身して、今回は「ジオウ」を観ているというより「ディケイド」のジオウの世界編を観ているようでした。

 

本編の最後に世界の破壊を宣言していましたが一体どうなってしまうのでしょうか…。

仮面ライダージオウ RKF レジェンドライダーシリーズ 仮面ライダーディケイド

次回EP48「2068:オーマ・タイム」

この最終盤においてもまだ複雑な世界観で、どこに向かっていくのか全く予想が出来ないジオウ第47話の感想でした。

 

突如現れたチェイスに対し、ゲイツが剛の話をしているあたり公開中の劇場版とも繋がっているようですから本当に複雑ですよね?

(私だけが理解できていないということはないはず…笑)

 

本当にあと2話でスウォルツとオーマジオウとの戦い、ウォズ・ゲイツ・ツクヨミとの別れ?、ソウゴの行く末、そしてディケイドの旅に決着をつけることは出来るのでしょうか?

 

本当に目が離せない展開が続きます…。

f:id:writer_A:20190814001616p:image

前回の感想はコチラ

仮面ライダージオウ RKF レジェンドライダーシリーズ 仮面ライダーディケイド

仮面ライダージオウ RKF レジェンドライダーシリーズ 仮面ライダーディケイド