感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

2019Jリーグ第23節 ヴィッセル神戸VS浦和レッズ~寄せ集めもバカにできない…

真夏のアウェイ3連戦の最後は神戸でのゲームでしたが、いいところ無く完敗といって差し支えない内容でしたね…それも相まって試合後の疲労感が凄まじかったです。

 

コチラは成す術なく、相手にはイイようにやられてしまいましたが、どうしてこうなったのか…個人的に感じたことを書いてきます。

 

杉本よ、迷っている場合じゃないぞ。

この日のスタメンにはトップに杉本が起用されましたが、正直に言ってこれがすべての敗因だったと思っています。

 

攻撃面においては誰が見ても見せ場を作れていなかったのであえて触れませんが、守備時の動きがとにかく酷すぎました。

 

言わずもがな、現代サッカーにおいてはFWも守備要員の1人としてカウントされファーストDFの役割がありますが、杉本の守備時のポジショニングと圧を掛けるタイミングがもう迷いまくりのチグハグでチームのバランスが完全に崩壊していました。

 

おかげで相手は難なく後ろからボールを繋ぐことができ、中央の危険なポジションで前を向くことができていたので好き放題やられてしまっていたのではないかと。

 

寄せ集めのチームとは言っても個人の能力はさすがに高いので少しでもスペースを与えたら簡単にやってくるんですよね…そうした個人に対してどう対抗するか、それは組織で挑んでいくしかないのにその連動が全くできていなかったらこのような結果になるのも当然と言えるでしょう。

 

単純に神戸は”みんな上手い”

日本に来てからというもの、何故か浦和戦での出場がなく”レッズを避けている説”も囁かれていたイニエスタが遂に登場しました。

 

敵とは言えサッカー好きとしては正直観てみたいと思っていたので念願かなってという所でしたが、彼の存在にはかなり苦しめられましたね。

 

正直彼に対するチャージにだけ審判の反応が過剰だったと感じる場面がありましたが、技術はやっぱり凄まじく他のチームとの戦いでは見られないようなシーンを何度も作られた印象です。

(映像では確認できていないので被害妄想の可能性もあります笑)

 

ただ先述したように基本的に能力の高い選手が多いのでイニエスタ以外の選手も危険なパスをガンガン通されていましたが…。

 

前回の対戦時では”穴”だと思っていたサンペールも最終ラインまで下がっていい具合にボールを散らしていましたからね…本当ならここでしっかりプレッシャーを掛けて自由にやらせないようにしなくてはいけなかったのですが…。

 

やはりキーとなるセンターラインがしっかりしていると寄せ集めとはいえチームとしての強度は高くなるとわからされた形となってしまいました。

 

本当に本当の正念場です

これ以上の引き分けはいらないと言い続けていたにも関わらずアッサリと敗戦してしまい心身ともにかなりのダメージを受けました。個人的に。

 

順位は依然10位をキープしていますが、勝ち点を見るともう上を目指すよりも下を気にしないといけないのが正直なところです。

 

ネガティブになる必要はありませんが、無理矢理ポジティブになっている場合でもありません。

 

間にACLがありますが、リーグで戦うチームは下位相手が続きます。

 

残留の為に死に物狂いでやってくる相手に対してしっかり受け止める力があるのか…この日の試合を見る限りでは正直不安です。

 

次の松本戦、まだまだやれるんだぞ!というところを見せてもらわないと困りますねぇ…。

f:id:writer_A:20190818223249j:image

前節の記事はコチラ