感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

8/26~9/1に放送されたドラマの感想まとめ~原作に匹敵?超えたかもしれない「べしゃり暮らし」

なつぞら 第22週

キックジャガーってタイガーマスクですよね?笑

 

それは置いといて、近頃はずっと子供を育てながら働くことの難しさを描いてますが、果たして朝ドラに求められていることなんですかね?

 

私は録画を見ているのでそこまで思いませんが、朝から辛い現実に苦しむ姿ばかりを見せられるのってどうなんでしょう…忙しいシーンばかりで少し気になりました。

 

まあそんなことが霞むくらい来週は大変なことが起きそうで心配です…天陽くん…

監察医朝顔 第7話

裁判のシーン…被告人の美魔女があまりにも愚かすぎてギャグにしか見えなかったですね笑

 

これまで探し続けてた母親の手がかりが出てくるという大事な局面とのアンバランス…あえてかも知れませんが。

 

しかしDNA不一致とは…お父さんの涙には色んな感情が篭りすぎてて「この時の心情を答えよ」って問題にされたら人によって色んな解釈がある超難問になるのではないでしょうか。

 

ずっと口にしないようにしてきたが故に朝顔が「お母さんは最後まで優しかった」の”最後まで”って言葉が重たかった…。

サイン -法医学者 柚木貴志の事件- 第7話

柚木先生、解剖できないからって最近ずっと刑事みたいなことしかしてない…笑

 

凪のお暇 第7話

高橋一生の開き直りっぷり、やっぱり好きです笑

 

これまでずっと強がっていましたが遂に凪にも弱みを見せられるようになってむしろ応援したくなってきました笑

 

それくらい高橋一生でもってるドラマになりつつあります。

 

にしても武田真治よ…さりげなく料理を出す時に「バルス」って言うんじゃない!笑

べしゃり暮らし 第6話

藤川が亡くなってからのラジオでの金本の痛々しさは原作と同等かそれ以上のものがありました。

 

それぞれが抱えるやり場のない想いがむき出しで、見ているのもシンドイくらいでしたがそれほどまでにみんなが素晴らしい演技をしていたという事でしょう。

 

今更ですがメインキャストのはまり役っぷりは中々のものです。

 

原作のファンなので素晴らしい形でドラマ化されて嬉しい限り。

ノーサイド・ゲーム 第8話

チームのためにライバルである七尾に塩を送る浜畑がかっこよすぎる…アレを見せ付けられて何とも思わないヤツは男じゃない!

 

しかしGM…人情に訴えるのが上手くなりましたが初めから全て想定済みの行動だと思うとキレ者すぎて若干怖くも思えてきました…味方で本当に良かったです笑

1番印象的だったのは…「べしゃり暮らし」!

ここに挙げているものでもながら見が多い中、画面に釘付けになってしまった「べしゃり暮らし」が今回の1番です。

(浜畑がカッコよすぎたので「ノーサイド」とも迷いましたが)

 

とても辛いですが原作でも好きな場面であり、それを素晴らしい演技力で見せてくれました。

 

次回からはお笑い養成所編が始まりますが、最初の頃のエピソードはそんなに覚えていないので新鮮な気持ちで見れるかも…楽しみにしてます。

べしゃり暮らし 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

前回の感想まとめはコチラ

べしゃり暮らし 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

べしゃり暮らし 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)