感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

2019YBCルヴァンカップ準々決勝 第1戦 浦和レッズVS鹿島アントラーズ~色々言ってますがまだ前半終わっただけ

リーグ戦の嫌な流れを払拭したいのと相手が相手、場所が場所だけに絶対勝たなくてはいけなかったルヴァンの初戦ですが結果は2-3…。


2ndレグがあるのでまだ負けたわけではありませんが、この結果は頂けませんね。

 

1番恐れていたことが…

戦績が振るわない中の連戦でどのような陣容で挑むのかが最初の注目点でしたが、大きな入れ替えとはいかないまでも主力選手を休ませつつ結果も取りに行く、といった無難な布陣でした。

 

ただし核となる選手を外してしまうとうまく行かないのが今のチームの現状…要するに興梠がいないと攻撃どころか守備も立ち行かなくなってしまうのはすでに分かり切っていたことですが、この試合ほどそれを痛感させられたことはなかったのでは?

 

前後半で切り分けてみれば前半0-3後半2-0ですからね…彼も決して若くはないので可能な限り休ませてあげたいところですが、そうはできない現状の抱える問題点が多すぎます。

 

ゴールの気配をまるで感じない単調単発な攻撃の連続のどこに希望を見出せば良いのか、連動性のれの字もないただ相手に寄せるだけのアリバイ守備に何の意味があるのか…ホーム埼スタで相手は鹿島であるにも関わらずあの前半の体たらく…思い出してまた腹が立ってきました笑

 

首の皮一枚は繋がった

ただ絶望的な前半から後半はよく持ち直したとも言えなくはないです。

 

アウェイゴール3点献上して無得点では2ndレグに何しに行くのかもわからなくなりそうなレベルですからね…結果として初戦を落としているので褒める要素は一つもありませんが、何とか首の皮一枚繋がっただけで良しとするしかありません。

 

勝ち上がるために必要な現実的なスコアは2-0意外ないと言っても過言ではないと思うので、絶対に失点は許されないし、その上複数得点が必要という極めて難易度の高いミッションになります。

 

それをカシマスタジアムでやろうってワケですからシチュエーションとしては燃えますよね。

 

でもそれを実行する力が今のチームにあるのかと問われれば…選手を信じるしかありません。

 

ここで気持ちが見えないようなら今シーズンは終わり…いくらラウンド16とは言えそれくらいの覚悟でやってくれないと困ります。

 

こういう時だからこそ

不甲斐ない試合続きで毎度毎度不満点を挙げるのも正直疲れました笑

 

ただ勝った時に饒舌になるのは誰にでもできますし、現実から目を背けてしまった方が圧倒的にラクです。

 

でもこういう状況だからこそ、厳しい目で見ていかないといけません。

 

と偉そうなことを言ってもできることなんてスタジアムに行って飛んで跳ねて声を出すことだけなんですけどね笑

 

結果はもちろん大事ですが、それと同じくらいチームを誇りに思えるような戦いを見せてくれることを望みます。

 

しかし後半はずっと押せ押せだったので水を飲む間もなくて本当にキツかった…。

f:id:writer_A:20190905232900j:image

直近の試合の記事はコチラ