感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

9/2~9/8に放送されたドラマの感想まとめ~登場人物に釣られて「なつぞら」で毎日泣くという…

なつぞら 第23週

天陽くん…火曜からキツイぜ…と思ったらそれ以降毎日泣いていたかもしれません笑

 

広瀬すずは今、日本で1番綺麗な涙を流す女優だと思ってるので彼女が泣いているのを見てるだけで釣られて泣いちゃうんですよね…。

 

泰樹さんの「忘れない限り生きている」なんてセリフは言い尽くされたものですが、長い積み重ねがあるから重みが違いました…ここからなつが天陽くんの自画像と向き合うシーンまでずっと泣いちゃって大変でした笑

 

しかし、なつまで会社を辞めることになるとは…誰もいなくなっちゃって仲さんがかわいそう…と思いましたが、それでも応援してくれるなんていい人すぎてまた感動すると言う。

 

天陽くんが死んでしまったのは悲しかったですが、始まって以来のベストウィークだったのではないでしょうか。

監察医朝顔 第8話

解剖をテーマした作品で「解剖したけど死因はわかりませんでした。」ではドラマを作るのは難しいんでしょうね…前回大きな動きがあった分、今回はかなりアッサリしてました。

 

と思ったら最後にとんでもなくショックな展開に…昨日まで一緒に笑ってた人が死んでしまうのは辛すぎるでしょう…。

TWO WEEKS 第8話

開き直った黒木瞳が怖すぎる…。

 

敵対表明した芳根ちゃんが口封じの為にやられちゃうんじゃないか心配で心配で…と思ったら比嘉さんの方がピンチで先が読めなくなってきました。

 

反撃に移ってから前よりも楽しめている気がします。

サイン -法医学者 柚木貴志の事件- 第8話

わかっているのに逮捕できない犯人を追い詰める為にアレコレするってのはこの作品ならでは!と言う感じで面白かったです。

 

次で最終回ですが、「結末にあなたは涙する」ってハードルめっちゃ上がってますけど大丈夫ですかね?笑

わたし、旦那をシェアしてた 最終回

結局このドラマが描きたかったのは「いいことも悪いこともシェアすればいいじゃない」ってことなのでしょうか…。

 

いきなりあんな不思議なノリの葬式に付き合わされてる参列者の気持ちばかりが気になってしまって全然中身が入ってきませんでした笑

凪のお暇 第8話

色々情況が好転してきたと思った矢先に現れた厄介な親が出現!と思ったら北海道まで追いかけてきた慎二には驚きました。

 

一応ゴンもいましたが、彼が割って入る余地はないと思いますが果たして…。

 

突如家に押しかけてきた母親に対する慎二のフォローになってないフォローには笑わせてもらいましたがどうなることやら…。

ボイス 110緊急指令室 第8話

また独断専行してピンチに陥ってる…今回は未遂に終わりましたが何回このパターンでピンチを迎えれば気が済むのでしょうか笑

 

「サイン」に続いてこちらも真犯人がわかっていながら捕まえられないシチュエーションに陥っていますが、証拠とか関係なく唐沢さんなら私刑執行し兼ねないので心配です笑

 

まあそれはそれで面白いかも知れませんが笑

あなたの番です 最終回

真犯人ですが、西野七瀬にサイコな役をやらせたかっただけだったんですかね…秋元康の手のひらの上で転がされてただけのように感じてしまい冷めました笑

 

殺人犯に手を貸した横浜流星も所詮はただの童貞野郎でしかなく…色恋だけでそこまでしないですよね…庇おうとしてるところが単純に気持ち悪かったです。

(最後に何事も無かったかのように田中圭と食卓を囲んでいるのも謎過ぎました笑)

 

個人的にはあのまま怒りに任せて黒島ちゃんに制裁を加えて欲しかったですね…結局彼女が報いを受けているシーンが無かったので不完全燃焼でした。

ノーサイド・ゲーム 第9話

滝川問題アッサリ解決!と思ったら味方だと思った脇坂が敵になるとは…権力を手にすると人は変わってしまうものなのか…と思ったらまさかの初めからラグビー部に反対だたっというのは意外でした。

 

脇坂がいきなりラスボス化したことによって滝川さんが実はいい人だったというのが際立つシナリオは面白かったですが、アストロズ的にはピンチなので複雑です。

 

ただ今回も浜畑カッコよかったですね…有言実行する姿はまさに男の惚れる男の姿でした。

1番印象的だったのは…「なつぞら」!

どの作品も佳境に入って面白いものが多かったですが、この週は迷うことなく「なつぞら」でしょう。

 

なつが東京に出てきてから出番は少なくなっていたとはいえ、存在感を放っていた天陽くんの死は辛いものがありました。

 

このドラマでは始めて人の死が扱われましたが、長く見てきてたキャラクターの死というのはやはり堪えます。

 

劇中でもみんな泣いてましたからね…それに釣られてこちらも毎日のように泣いてしまうと言う笑

 

初めて朝ドラを視聴していますが、最終回を迎える前にしてすでに見てよかったと、心から思える感動の1週間でした。

連続テレビ小説なつぞら コンプリートファンブック (ぴあ MOOK)

前回の感想まとめはコチラ

連続テレビ小説なつぞら コンプリートファンブック (ぴあ MOOK)