感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」感想~不破の異常な回復力の早さよ…

前回、初登場しては圧倒的な強さを見せた5人目の仮面ライダー・滅の一撃を喰らい不破が死にかけている所から始まった仮面ライダーゼロワン第9話の感想です。

 

終わってみれば序盤のポイントとなりそうな重要な回でしたね…ゼロワンの新しい力にヒューマギアの自我の目覚め、唯阿にかかる疑惑に不破の心変り?など色々な要素がありました。

 

或人の決断は正しい?

今すぐに手術しないと命に関わるほどの重傷を負わされた不破でしたが、そんな状況にも関わらず滅亡迅雷に狙われている病院関係のヒューマギアは機能停止に…飛電のこの対応は果たして正しかったのでしょうか?

 

或人の言い分も副社長の言い分もわかりますが、個人的には他人のことを考えられている或人の意見の方が正しかったと思います。

 

ヒューマギアの暴走を未然に防ぐのも大事ですが、傷病者が医療行為を受けられなかったが為に命を落とすなんてことがあったりしたら取り返しがつきませんからね…副社長はその辺考えていなかったのでしょうか?笑

 

人間の医療従事者がいれば良かったでしょうが明らかに数が足りていませんでしたからね…まあ医療に関しては絶対にヒューマギアの方が上なのでその数が少なくなっていても仕方がありません。

 

或人の想いとしては”ヒューマギアを信じたい”ということしかなかったかもしれませんが、結果的に自らその判断を正しいものだと証明した辺りはさすが主人公といったところでしょう。

 

イズに宿る自我?

滅亡迅雷によるハッキングの影響を受けなかったヒューマギアが存在したというのは”シンギュラリティ”の一端と言って差し支えないでしょう。

 

なぜハッキングされなかったかは定かではありませんが、そう簡単に理解できないからこそのシンギュラリティということで笑

 

或人の言い付けではなくイズが自分で考えて行動したのも非常に大きな出来事でした。

 

これまでも明らかに「自我があるんじゃない?」としか思えないような行動をしてきてはいましたがそれはあくまでも”状況に合わせた最適な対応”ということだとして、答えのないような問いに自分で考えて自分なりの結論を出したのは明らかに”自我”でしょう。

 

「ヒューマギアに善意は宿るのか?」唯阿がイズにしたこの問いはシリーズを通しての大きなテーマになりそうです。

 

しかし今回の或人の「ぜーんの意志(医師)」は少し難解だったにも関わらずダイナミックな登場を決めながらギャグだと即判断できるイズのツッコミスキルの高さには驚かされました笑

 

マンモスちゃんの行く末が心配?

そして今回初登場したブレイキングマンモスですが、あんな巨大なものを短時間で作ってしまう飛電の技術力の高さたるや…一体どんな原理なんでしょうか?笑

 

それはさておき、ギーガーとのバトルは迫力がありましたが、あれだけ大きいと出番がかなり限られそうですよね笑

 

 

ライダーにおける大きめのおもちゃは持て余しがちで途中からその存在が完全に忘れ去られがちですからね…登場したばかりなのにその活躍よりもこの先の扱いのことが気になってしまいました笑

 

にしても見た目は完全にギーガーと同じような感じでしたが、それってつまり飛電の技術が何かしらのルートでA.I.M.S.に流れているということですよね?

 

ライダーシステムに関しても同様のことが言えますが一体誰が入手しているのか…ってあの毎回顔が見えないあの人だと思いますが、いつになったら姿を見せてくれるのでしょうか…。

 

次回、なぜ大和田伸也?笑

ということで瀕死の重傷だった割には術後の回復が異常に早い不破の正体は人間じゃなくてゴリラなんじゃないのかな?と思ってしまいそうになったゼロワン第9話の感想でした。 

 

冗談はさておき、ヒューマギアに否定的だった不破がその考えを改める素振りを見せるとは…さすがに命を救ってもらったにも関わらず強がれるほど強情な男ではなくて良かったです笑

 

しかし折角いい話で終われそうだったにも関わらず最後にイズが唯阿の暗躍に気付いてしまって不穏な空気になるという…ハッキリ自分の姿が映っていたのにも関わらず否定した意味はあったのでしょうか…笑

 

これからはイズと唯阿…二人の関係性にも注目です。

 

そして次回はまさか大和田伸也が本人役で登場という…一体どんな意図のあるキャスティングなのでしょうか…ある意味これまでで一番続きが気になります笑

 

だけどこのタイミングで駅伝でお休みとか…滅亡迅雷.netに接続しそうだ…。

 

f:id:writer_A:20191028232027j:image

前回の感想はコチラ