感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

仮面ライダーゼロワン第10話「オレは俳優、大和田伸也」感想~或人の影がドンドン薄くなってる…笑

大和田伸也が本人役で登場すると言う衝撃的な予告から2週間待たされてようやく放送となった仮面ライダーゼロワン第10話の感想です。

 

今改めて書いていてもワケがわかりませんが、大和田伸也の出演以外にも見所の多い回でした笑

 

大和田伸也役・大和田伸也のインパクト

いきなり大和田伸也の登場から始まるという予告を見ていなければ仮面ライダーの放送とは思えないスタートでしたね…ってここまですでに3回も”大和田伸也”の文字が踊っていて一生分の大和田伸也の文字をタイピングしたかもしれません笑

 

大和田伸也のことは一旦置いておいて…今回登場したのは俳優ヒューマギアでしたが、これまで登場したどのヒューマギアよりも使い勝手が悪そうでしたね。

 

演技・表現力というのはラーニングしてどうこうなるものじゃきっとないでしょうから…実際劇中でもアドリブに付いていけなくなってました。

 

そういう人間から人間にも教えることが難しいようなオンリーワンの個性や技術で勝負するのが役者の世界でしょうから、大和田伸也からしたらただ自分の仕事を奪われるだけになるのでイイ気もしないでしょうし…ってナチュラルに大和田伸也に感情移入している自分がおかしくて堪りません笑

 

しかし正しくラーニングしたはずのヒューマギアにできないレベルの芝居を暗殺ちゃんが自然にできちゃうのはどうしてなんでしょうね…暗殺ちゃんからすればただ真剣なだけで”演技”をしていないから、みたいなことなんでしょうか。

 

それにしても暗殺ちゃん…ちゃんと変装して会いに行く辺りに徐々に成長してますよね。

 

何度倒されても蘇るという令和の新しい怪人のスタイルを早くも形成していると言っても過言ではないでしょう笑

摩天楼ララバイ

もう主人公は不破でいいですか?

大和田伸也の話はこれくらいにして、彼に負けないくらい存在感があった不破の話をしましょう笑

 

今回も或人そっちのけで主人公ムーブしてましたね…自分の知らないところで怪しい動きをする唯阿との関係が拗れて面倒なことになるかと思いきや、疑うよりも「俺の信じるものの為に戦っている」ってカッコよすぎでした。

 

結局似た者同士だったということで唯阿とのわだかまりを残すようなこともなければ新しいキーを使った戦闘でも活躍しちゃって…書けば書くほど本来主人公であるはずの或人が不憫に思えてきました笑

 

まあ不破は気にしないことにしたようですが、唯阿の暗躍に関しては何も解決していないどころか明らかに飛電を貶めるのが目的だとわかったのでまだまだ問題が起きそうです。

 

ずっと後姿しか映らなかった謎の男も遂に顔が映ったことですし、しばらくはこの問題を軸に話が進むのでしょうか…。

 

これは勝手な憶測です

そして個人的に引っかかったので触れておきたいのがカメラ越しにヒューマギアのモジュールを消す技術です。

 

この技術、良いようにも悪いようにも色々な使い方ができそうなので今後も出てきそうな気がします。

 

見た目には人間とヒューマギアの差は耳のモジュールくらいにしか差はないワケですからね…その差がなくなるのは人間からすると脅威になることばかりだと思われるので。

 

まあこの手の私の深読みが当たった試しがないので流してもらって大丈夫です笑

 

果たして伸也は生き残ることができるのか…

ということで滅亡迅雷の襲撃を伝えるイズのジェスチャーがあざとかわいすぎて思わず気持ち悪い顔でニヤニヤしてしまったゼロワン第10話の感想でした。

 

あのジェスチャーどうやら彼女のアドリブらしいですね…恐ろしい子…笑 

 

次回はプリキュアに続いて明らかに「カメ止め」の影響を受けたサブタイとなっていますが果たしてどんなお話になるのでしょうか…大和田伸也は果たして生きて出番を終えることができるのか…心配です笑

 

f:id:writer_A:20191115001450j:image

前回の感想はコチラ

次回サブタイの元になった映画の感想はコチラ

摩天楼ララバイ

摩天楼ララバイ