感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

11/13~11/18に放送されたアニメの感想まとめ~我々はとんでもないものを観てしまった…「バビロン」

ちはやふる3 第6話

敵に回った時の太一の怖さ…とはいえ二人とも途方もない努力の上でここまできてるというのがあるのでどちらも応援したくなる。

 

演出も巧みで作中でも言っているように「息が詰まる」回でした。

 

そして2期から3期までの間が開いたおかげか、明らかにこれまでのシリーズより札を取る時のアクションも迫力があって引き込まれました。

ハイスコアガールⅡ 第19話

前回の引きからして大修羅場になるかと思いきやアッサリ地元に帰っていったのは拍子抜けでした。

 

が、あの姿を観てさすがの大野も黙っているワケがなく…しかし家に連れてくる方法が拉致だったり気持ちの伝え方がファイナルファイトだったりと”らしさ”が溢れていてかわいらしかったです。

 

格ゲーに準えた女の戦い3戦目の行方も気になりますが、その前にハルオの母さんイビキやばすぎるだろう…笑

真・中華一番! 第6話

やっぱり本人達は至って真面目なのに傍から見てるとフザけてるようにしか見えないのが1番面白いんだよな…食べているうどん何度も吹き出しかけました笑

 

氷でできた包丁使ったりして野次馬達もかなり盛り上がってましたけど、レオンが作った料理は言ってしまえばただ鯛を切っただけなんですよね…それに対してマオはちゃんと調理したにも関わらず春巻ってだけで食べる前から酷評されてたのがちょっとかわいそうでした笑

 

今回も審査員のリアクションはかなりオーバーでしたけど、次回はそれ以上のものが観れるかと思うと楽しみで仕方がありません笑

この音とまれ! 第20話

一体誰が晶さんの闇を晴らすのかと思いましたが、まさかサネだったとは…本人の諦めない姿勢もカッコよかったし、彼の演奏がうまく行った時に一緒に喜べるチカとさとわちゃんもいいヤツで最高でした。

 

そしてさとわと晶の関係も良好になるキッカケを作った先生もナイスすぎました。

 

次に箏曲部に改心させられるのは鳳月会の婆さんになりそうですが、中々の強敵だと思うのでどう改心させるのか非常に興味があります。

(改心させられることはもう確定しているという笑)

バビロン 第7話

こんなにも単純に「怖い」と思ったアニメ初めてかも知れません…寝る前に観たのを本気で後悔しました笑

 

斎開化が言ってることは明らかに常軌を逸しているんですけど間違っているとも言い切れない…その上子供の命を盾にされたら公に批判することも難しくなる…そんな賢すぎる人間の怖さが見えたAパートでしたが、それを明らかに上回る怖さがあったBパートはもう…。

 

単純に曲世の行動自体が目を背けたくなるものだったのもありますが、そんな”触れてはいけないとわかってるからこそ触れたくなる”カリギュラ効果と言いますか…ヤバすぎて逆に魅力を感じてしまう曲世愛というキャラクターを作り上げた人たちのセンスに感服しました。

 

画面越しに心臓を掴まれているような、そんな怖ろしさを感じさせてくれるアニメ史上に残る問題作になったんじゃないでしょうか。

 

そして何より恐ろしいのはこの続きが観れるのは年末ということです…イッキ観なんてしたら…戻って来れなくなるかもしれません…。

1番印象的だったのは…「バビロン」!

今回は迷うことなく「バビロン」です。

本当に怖ろしいものを観てしまいました。

 

ただこういった”実写では絶対にできないような表現”をこの作品には期待していたので望んでいたものを観れているのは事実…。

 

原作も気になるくらいハマっていますが、曲世愛のヤバさは声と動きが付いてこそだと思うので悩ましいですね…とりあえず純粋に物語を楽しみたいので最終回を観終えてから手にしたいと思います。

 

あー観たら絶対落ち込むのにまた観たくなってしまっている自分がいるー!まがせぇえええええええええ!!

 

…このパッケージがそれぞれの死を予言しているものとは思わなかった。

バビロン[Blu-ray BOX]

前回の感想まとめはコチラ

バビロン[Blu-ray BOX]

バビロン[Blu-ray BOX]