感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

11/24~11/26に放送されたドラマの感想まとめ~圧倒的「今更感」でお送りします!ボナペティ!

グランメゾン東京 第6話

「レシピがバレたくらい屁でもない」と言い切るシーンはみんなカッコよかったですね…これぞ一流のプロ!といった感じでした。

 

gakuのシェフにもプライドが見られて単なる嫌なやつらというワケでもなくなってきて面白くなってきました。

 

しかし次は中村アンに裏切られるのか…何度もやられるといい加減グランメゾン東京の人たちは人間不信になりそうなものです笑

シャーロック 第8話

高橋克典演じるキャラの濃すぎるお兄さん…良かったですね笑

 

ただ劇中に登場した怪しいセミナーよろしく、いつも以上に会話の内容が意識高めでちょっとついて行くのに疲れました笑

まだ結婚できない男 第8話

桑野のスピーチは離婚という結婚式の場で一番言ってはいけないワードが飛び出したところからうまく持ち直して感動的でしたね。

 

私がエイジの立場だったら号泣してたと思いますが、塚本くんの目からは残念ながら涙は流れず…そういう演出だったのかもしれませんがあそこは素直に泣いて欲しかった…。

G線上のあなたと私 第7話

波瑠が自分の気持ちに正直になったシーンの演技…素晴らしかったですね。

 

少ない登場人物で大きな事件が起きるワケではないですが、その分人物描写を丁寧に心の機微で魅せるドラマがやっぱり好きなのかもしれない、としみじみ思いました。

 1番印象的だったのは…「グランメゾン東京」!

ご覧になった方はきっとこうお思いでしょう…「コイツ一体いつの話をしてるんだよ!」と笑

 

平日は大体21時ごろ家に帰ってくる生活を送っているのですが、そこからだと番組を見れる時間は限られるので土日でまとめて消化しないと間に合わない感じなのですがここ数週はずっと予定がありまして…。

 

今更感ハンパないですが欠番を作ってしまうのは形に拘る私としては許せないのでこうして書かせて頂きました。

 

ということでこの週の1番は「グランメゾン東京」とします。

 

見ていて気の毒になるほど繰り返し裏切られていますが、それでも信念を曲げずに挑み続ける姿がカッコよかったので。

 

ライバルであるgakuも悪者なのはオーナーくらいで他はちゃんとした料理人だったというのも物語をさらに面白くするスパイスになっていて益々目が離せなくなってきました。

 

なんて、料理のドラマだけにちょっとうまいこと言った風なところで〆させていただきます…笑

J Movie Magazine Vol.52【表紙:木村拓哉『グランメゾン東京』】 (パーフェクト・メモワール)

前回の感想まとめはコチラ

J Movie Magazine Vol.52【表紙:木村拓哉『グランメゾン東京』】 (パーフェクト・メモワール)

J Movie Magazine Vol.52【表紙:木村拓哉『グランメゾン東京』】 (パーフェクト・メモワール)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: リイド社
  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: ムック