感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

1/13~1/18に放送されたアニメの感想まとめ~どうして私は「推し武道」を見て泣いてしまったのか?

ドロヘドロ 第1話

独自の世界観すぎて楽しみ方を理解するまでに時間を要しそう…ですが現段階でつまらないわけでは全くないのは何故なのか…ワケがわからない作品は他にいっぱいあるのに笑

 

予告の雰囲気もこっちが全然理解できてないのを察してて笑えました。

 

しかし主人公のカイマンという名前…直前に見た「相席食堂」に同じ名前のペットのワニが出てきたのでそこも勝手に面白かったです笑

映像研には手を出すな! 第2話

1話に引き続き見ていて楽しいですね…それに加えて金森氏のリアリスティックで淡々とした感じがだんだんツボになってきました笑

 

しかし驚いたのは割と高い所から落ちたのに無事な浅草氏…笑

7SEEDS 第1話

キャラデザに時代を感じる…今期のアニメに多い気がしますが、これも一体何が起こっているのか全くわからなかったので早くもシンドイかも笑

 

今回の放送内容だけでこの作品を面白い!と思えた人がいたら物事を楽しむ才能に死ぬほど恵まれていると思います笑

ちはやふる3 第14話

原田先生の勝ちが決まる瞬間は原作でもトップクラスに好きなシーンなので白波会の面々と同じように涙が…。

 

努力が身を結ぶ瞬間というのは本当に美しい…「個人戦は団体戦」という言葉が要所で効いてくる展開の仕方はとにかく見事。

 

千早の「欲しいものこそ手離すの」のセリフもカッコよくて大好きなので、今回はいいシーンばっかりで最高でした。

空挺ドラゴンズ 第2話

今回のような密室で起きる事件を解決する話って中盤とかにやりそうなエピソードですけど、2話目からやっちゃうのは意外でした。

 

まだそれぞれのキャラクターを理解してないにも関わらず楽しく見れたのは話がわかりやすかったからでしょうか。

ソマリと森の神様 第2話

物語の行き着く先が寂しいものになるのは決まっている中、どう進んでいくのか興味ありますが絶対1クールでは描ききらないですよね。

 

そう思うと今後の視聴に対するモチベーションが…まあ見続けますけどね。

number24 第2話

ラグビーアニメですよね?全くラグビーしてないじゃないですか笑

 

ラグビー描写の迫力で見続けるか判断しようと思っていたのに…次でもみれなかったらサヨウナラですね。

推しが武道館いってくれたら死ぬ 第2話

タダのキモオタでしかないのにくまささんがちょっとカッコよく見える不思議…1番になれないから1番好きでいたい…オタの鑑ですね。

 

その言葉の後だったのでステージからアイドルに気付いてもらえたシーンちょっと泣けました笑

 

そのあと舞菜が出てきた時も同様に泣けましたね…オタクやっているとたまにこうして報われる瞬間があるから辞められなくなるんですよ笑

 

そういうオタク心理を作者は熟知されているのでしょう…私は推しが卒業したからオタクを卒業しましたが、そうでなかったらどうなっていたやら笑

 

しかし舞菜が人気ないのがわからんですね…ああいうタイプこそ推し甲斐があるもんだと思いますが。

ハイキュー!! TO THE TOP 第2話

第1話はまさかの録画ミス!をしていて感想を書けず笑(配信でみました!)

 

しかし呼ばれてもない選抜のトレーニングに乗り込んじゃう日向の主人公はさすがです…お叱りを受けるところまでセットで笑

 

烏野で戦うところが見たい気持ちもありますが、とりあえずは日向が無茶した先に何を得られるのかを楽しみにしましょう。

ランウェイで笑って 第2話

1話でちょっと引っかかってたチョロい展開が2話になって急に現実の厳しさを見せつけてくれたので安心しました。

 

見たかったのは今回のように逆境に立ってもめげないキャラクターだったので、主人公が2人とも根性あって非常に清々しかったです。

はてな☆イリュージョン 第2話

2話にして早くも作画が…そして話にも大きな動きがなく…残念ながら脱落第1号となりました。

 

矢吹さんのデザインのかわいさに惹かれていた部分が大きかったので残念です…。

22/7 第2話

アイドルアニメなのでやっぱり笑っていて、かわいらしいところが見たいですよね…なのにずっと暗い!笑

 

よっぽど「推し武道」の地下アイドルの方が魅力的だと思うのは私だけでしょうか?

 1番印象的だったのは…「推し武道」!

 事前に視聴を決めていた作品がすべて出揃いました!

 

今回は2つの作品でチョイ泣きをしたの非常に迷いましたが、泣くのがわかっていた「ちはやふる」よりもまさか泣くと思わなかった「推し武道」を2週連続の1番とさせて頂きます!

 

別に泣かせにきているワケでもなかっただろうに涙が出たのは、自分の体験とリンクしたところがあってそれを思い出したからでしょうか…とにかくオタクの心理を見事に描いていました。

 

アイドル同士も仲が良くて悪者がいないのもいいですよね…期待を遥かに上回る面白さで毎週楽しみになりました。

 

もし推しを選ぶなら…黄色の子かな…笑

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

前回の感想まとめはコチラ

2020冬アニメの視聴リストはコチラ

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

  • 作者:平尾アウリ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店(リュウ・コミックス)
  • 発売日: 2016/02/29
  • メディア: Kindle版