感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

仮面ライダーゼロワン第25話「ボクがヒューマギアを救う」感想~盛り沢山な後半戦のスタート!

話数的にちょうど後半に入った仮面ライダーゼロワン第25話の感想です。

 

それを意識したのか話を大きく動かしてきましたね。

 

あんなジャマーに邪魔される!はい!或人じゃーーー(以下略

ヒューマギアなのに調子が悪いなんて冗談を言っているイズがかわいいのはいつものことですが、唐突にこれまで出てこなかったのが不思議なくらい重要なキャラであろう博士ヒューマギアが登場しましたね。

 

ヒューマギアの開発に携わっているヒューマギアなんて重要もいいところなのにここまで登場しなかったのは今回のオチに関わる所なので後々触れることにしましょう。

 

しかしイズの不調の原因だったゼアとの接続を邪魔していたジャマーですが、大きさから回路まで全く近代的でなくて笑えましたね。 

 

あんなもので不調を起こしてしまう飛電のシステム…大丈夫なんですかね笑

 

色々明らかになりました!唐突に!

博士の口から色々な事実が告げられましたが”デイブレイクの真相””滅は元々教育用の個体だった””滅亡迅雷は4体からなる”というのが触れておくべきところでしょうか。

 

デイブレイクの真相に関してはアークを作ったZAIAによるマッチポンプ的なことで、改めて天津がどこまでもなヤツだということがわかりましたが、すべては利益のためというところは筋が通っていて腑に落ちてしまうところも笑

 

滅が教育用のヒューマギアという話も迅と親子のように接していたことから納得できます。

 

そして気になる滅亡迅雷最後の一人”亡”に関してですが、とりあえず存在していることは確かとなりました。

 

恐らく数話前に登場していた謎のフードの人物が正体だと思われますが、人気のない工場で不破とホラーチックなやり取りをしてから登場してませんよね。

 

あのシーンでは不破が襲われたような描写があったにも関わらず次回では何事もなかったかのようにスルーされていたのが気になっていましたが、前回の”何者かがAIMSから滅を逃がした件”と併せて考えると不破がなんだか怪しく見えてきますよね。

 

人間離れしたところがあるのも実はその正体がヒューマギアだから…と言われたら納得できますし、不破の周りでだけ不可思議なことが起きるのも二重人格的なことで記憶がないのだとしたら…。

 

ただ体は完全に人間なんですよね…そこのところを今後どう展開していくのか非常に楽しみです。

 

都会の絵の具に染まった迅?

そして忘れちゃいけない新たなライダーですが、その正体はかなりイメチェンした迅でした。

 

ヒューマギアの特徴的な耳のデバイスも小さくなって明らかに進化している様子でしたが、いったい誰が復活させたのでしょうか?

 

今回登場した博士ならできちゃいそうですが、ハッキングしたのは復活してから後のことなのでそれはできるはずもなく…となると天津の仕業だったり…となると本当にどこまでもなヤツです笑

 

初めは敵対していても最終的にはより大きな敵を倒すために協力関係になるのが仮面ライダーの世界では常識的なところがありますが、ここまでやったサウザーとゼロワンが共闘する未来は…正直見えませんね笑

 

まあ展開としては正直、飛電vsZAIAの構図に飽きていたので滅亡迅雷がまた暗躍してくれるのは大歓迎です!

 

とりあえず進化した迅と滅の関係がどんな感じになるのかが気になります。

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 バーニングファルコン

またお仕事勝負に戻るんかーい!

ということで、唐突に或人が夢を語り出した時は「どうした?」と思いましたが、改めてゼロワンの存在意義を確認する意味ではとても大事だったなーと思ったゼロワン第25話の感想でした。

 

わかったことが色々あった反面、亡の正体だったりと気になることも増えて続きが楽しみなりましたが、次回はまたお仕事勝負に戻るようですね笑

 

このままなかったことにしてもいいんじゃ?と思ってしまわなくもないですが、天津が悔しがって負け惜しみを言うところが見たいので飛電には頑張ってもらいましょう。

f:id:writer_A:20200307171218j:image

前回の感想はコチラ

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 バーニングファルコン

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 バーニングファルコン

  • 発売日: 2020/04/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー