感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

3/17~3/22に放送されたドラマの感想まとめ~これがいわゆる”ロス”ってやつなのか…

10の秘密 最終話

ネタバラシがあるまで仲間由紀恵があの船の爆破を受けて全くのノーダメージなのが気になりすぎて話が入ってきませんでした笑

 

しかし最初から最後まで悪い女を貫くとは…野心家もあそこまで行くと怖さしかないです。

 

「10の秘密」というタイトルでしたが、結局それ以上に色々秘密があったような…とにかく1つ1つがそんな大したことでもなかったのですごく地味なドラマでした。

恋はつづくよどこまでも 最終話

冒頭からいきなりのラブラブ新婚生活!絶対に夢落ちだと思ったのに現実で驚きました笑

 

怒涛の展開で思いつく限りのキュンキュンシーンを見せてくれて本当にお腹いっぱいでしたね。

 

これだけキュンキュンさせることに特化したことで今期で一番の話題にもなったわけですから、今後は他の製作も見習ってこういうドラマが増えれば嬉しいです。

 

やっぱりドラマくらいは非日常感を味わいたいですからね。

 

にしてもスタートした頃からは信じられないくらい天堂先生は勇者のことが好きになっていて見ていて照れてしまうほどでした…二人のこれからが見たいのでたまにスペシャルでもやって欲しいです!

アライブ 最終話

薬の影響で髪が抜け始めた途端に剃っちゃう思い切りよすぎな木村佳乃…逞しくてカッコよかったですね。

 

ただ全体を通して見ると終始暗い雰囲気のままで最終的にも救いのないドラマでした。

 

ガンの治療は長い戦いってメッセージなんでしょうけどね…「恋つづ」の感想でも書きましたがやっぱりフィクションの中でくらい明るくなれるものが見たかったです。

病室で念仏を唱えないでください 最終話

医療モノあるあるですかね…最終回に事件が同時に起きがち笑

 

こちらも救急が舞台なのでキレイゴトで命を救うようなことはしない姿勢は立派ですが、やっぱり暗い雰囲気で終わってしまうのは後味が…結局ほとんどのシチュエーションで救えなかったパターンが多かったので何とも。

 

それでも懸命に命と向き合う姿勢は立派でカッコよかったですけどね。

テセウスの船 最終話

真犯人は誰だ!?ということで放送前から非常に盛り上がっていましたが、奇をてらうことに力を入れすぎてちょいちょいお粗末なところが目につきましたね。

 

インパクトがあったのはやはりあのみきおを演じた子役の不気味さとまさかの真犯人せいやでしょうか。

 

前回の感想で「せいやが容疑者に含まれていてウケる」的なことを書いていたので、予想していなかった展開に驚きよりも笑いが勝ってしまいました笑

 

そして最後のサプライズだった澤部ですよね…あれは完全に笑わせにきているでしょう笑

 

あの丸刈りの少年が”あのまま大人になった姿”なら澤部が適役なのは間違いありませんが…現実にはそんなことないでしょう笑

 

なんだか心さんがどうやって現代に戻ったのとかタイムパラドックスのこととかの説明をほとんど放棄していたので、物語がどうだったということよりも澤部に全部持ってかれちゃった形になっていたような…それでいいんですかね?笑

1番印象的だったのは…「恋つづ」!

2020年冬ドラマも多くが最終回を迎えましたね…振り返ってみると「恋つづ」というか佐藤健がすべての話題を掻っ攫っていった印象です。

 

医療ドラマ乱発のクールの中で恋愛要素強めでいったのが功を奏した形になりましたが、この作品を見習って似たような作品が増えたら嬉しいな…と期待しております。

 

ただしこのドラマの胸キュン度合を超えていくのはかなりハードルが高いですよね…でも追いつけ追い越せの気持ちで頑張ってほしいものです。

 

アラサーのおじさんでもキュンキュンして悲鳴上げてましたから…本当に楽しい3か月弱でした!

「恋はつづくよどこまでも」Blu-ray BOX

前回の感想まとめはコチラ

「恋はつづくよどこまでも」Blu-ray BOX

「恋はつづくよどこまでも」Blu-ray BOX

  • 発売日: 2020/07/22
  • メディア: Blu-ray