感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

4/9~4/16に放送されたアニメの感想まとめ~今一番欲しいもの:トークスキル!

球詠 第2話

2話目もツッコミどころが多いですね…作画には触れないこととして、短パンでスライディングやダイブをしたら怪我しまくるでしょ笑

 

そして女子しかいない部活で暴力沙汰を含む不祥事っていったい何があったんですかね…物騒すぎでは?笑

 

そして都合よく現れた顧問の先生のメガネの縁が全く立体感のない手抜き作画で笑えました。

 

まあ仲間の集まるペースは早くて意外と見れます。

かくしごと 第2話

ギャグ漫画として観ると一度もクスリとこなかったのは厳しいかも…。

 

嘘かホントかわからない漫画家あるあるみたいな話も一般人からするとピンとくるものではないですからね。

 

ただシリアスパートは不思議な引きがあるので試聴は継続します。

富豪刑事 第1話

小さな事件と大きな事件がリンクする構図は面白い。

 

登場人物が莫大な予算で時間を解決する感じはちょっと「東のエデン」感がありますよね。

 

現実じゃあり得ないスケールの大きさなんで話はすごくアニメ向きですけど、主人公が何でも金さえあればできると思っているようならすぐに飽きてしまいそうな。

 

ただ財力だけじゃない魅力が見られると面白くなるかもしれません。

とある科学の超電磁砲T 第11話

美琴が大変なことになっちゃってますが、上条が来たならなんとかしてくれるでしょうし、黒子も頼り甲斐があってカッコよかったです。

 

凄いパンチの人と上条のコンビも相性がよく、動きも見応えがあって楽しませて頂きました。

波よ聞いてくれ 第2話

アニメはフィクションなのでいくらでもセリフを練れますが、完全にアドリブで話しているのだとしたら、ナミレさんはあれだけ頭の回転早く喋ってなおかつ話題の引き出しも多いってラジオDJの才能に満ちてますよね。

 

あんなに喋っても噛まないスキル…身に着けたい。

アルテ 第2話

ますます世界名作劇場っぽい展開でしたね。

 

辛いことばかりでめげそうになっても挫けないアルテの姿は素敵です…その上健康的でセクシー笑

 

時代が時代とは言え、あんなかわいい子にお願いされたら何でも言うこと聞いちゃいますけどねー私なら笑

かぐや様は告らせたい 第1話

ワンターンで事故って死ぬすごろく…クソゲーにもほどがありますよね笑

 

藤原書記の動きが相変わらずキレキレで見ていて楽しかったです。

 

見ていてかわいらしいですけど、身近にいたらうざいんでしょうね…笑

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 第2話

時々漏れるカタリナの心の声が面白い。

 

今は子供ですけど、このまま成長してもっと大人な恋愛のやり取りが発生するのでしょうか…現在のほのぼのとしたやり取りも良いですが、それも見てみたい気が…。

ULTRAMAN 第1話

まさか本家ウルトラマンと地続きの話だったとは…なかなか興味深い設定です。

 

自分では制御しきれない力を持つことの葛藤とかアメコミっぽい感じで本家ウルトラマンとは描く内容は違いそうですが。

フルーツバスケット 第2話

目の前で女の子に号泣されたら焦るもんだと思いますが「もう慣れた」と言って笑える透と夾の関係性が最高でしたね。

 

普段ぶっきらぼうな男の子がたまに見せる優しい表情はずるい!

BNA 第2話

やっぱりポップな絵柄に反してハードな世界観ですね…2話にして人身売買を扱うとは。

 

獣人が人間の姿になれることで「人間とは?獣人とは?」という本質的なところを掘り下げる内容になることが予想されますが、そんな世界観は大好物ですので今後が楽しみです。

1番印象的だったのは…「波よ聞いてくれ」!

放送延期が決まっているもの以外は出揃ったでしょうか。

 

今回選んだのは「波よ聞いてくれ」ですが、理由としてはナミレさんのトークスキに単純に憧れを持ってしまったからです。

 

最近仕事をしててべしゃりのスキルってめちゃくちゃ大事だなーと思うことがあったので、ナミレさんくらい喋れたらどんな仕事でもうまくやれると思いました。

 

トークスキルって育ってきた環境が大きいような気がしますが、活舌は鍛えられると思うのでちょっと頑張りたいな…なんて笑

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンコミックス)

前回の感想まとめはコチラ

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンコミックス)

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンコミックス)

  • 作者:沙村広明
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: Kindle版