感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

仮面ライダーゼロワン第36話「ワタシがアークで仮面ライダー」感想~とっ散らかった最終章のスタート!

今回から完全新作で本格的な再開となった仮面ライダーゼロワン第36話の感想です。

 

再開と同時に最終章に突入という慌ただしい感じになっていましたが、少々展開に無茶があったような…まあ仕方ないところもあると思いますけど…。

 

いきなりめちゃくちゃすぎるよアークさん!

4人揃った滅亡迅雷.netが並んで何を始め出すのかと思いきや、いきなりアーク復活の儀式?が行われあっという間に機械とも生物とも呼べない何とも不思議な形で現れたと思ったら亡は壊されちゃうし滅は乗っ取られちゃうし…と起ったことを書いてみましたがメチャクチャですね笑

 

その場に自然と現れた唯阿も不思議だなーと思ったら迅も迷いなくアークゼロを攻撃したと思ったら即裏切り者認定されてるし…迅については復活してからハッキリしていない立場でい続けていたと思うので、いきなり言われてもなぁ…と思ったのは私だけでしょうか。

 

アークは何でもお見通しのすごいヤツ!というのを印象付けたかったのかもしれませんが、復活してからの迅は前ほど滅亡迅雷にどっぷりという感じでもなかったので特に驚くようなシーンでもなかったような…。

 

まあその後のシーンの唯阿の怯えっぷりからしてヤバい敵なのは伝わったので問題ないとは思いますが。

 

確かに何もないところから武器を構築して攻撃してくるのは技術者からした未知のこと過ぎてより恐ろしいのでしょうね。

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダーアークワン シンギュライズセット

アイちゃんちょっと欲しいかも

滅亡迅雷側が大変なことになっている一方、ありふれた普通の人生を送っていたことが発覚した無職の不破さんは、自分の取るべき行動に悩み占いに手を出しているという笑 

 

一度は恥ずかしくなって逃げたものの、占い師ヒューマギアを用意してもらって相談をしてましたが、占いは統計学なのでデータを扱うと考えると非常にAI向きの仕事かもしれません。

 

しっかり相手の話に共感するという基本的なテクニックも使ってましたし、肝心なことはズバリ言うわよ!系でキチンとアドバイスもできていましたし…なんて占いの話はどうでもよくて笑

 

ハッキリ言われるのは不破の性に合っていなかったようで、結局飛電製作所初の商品であるアイちゃんのように話を聞いてくれるタイプの方がお好みだったみたいです。

 

その後アイちゃんは唯阿の元に渡りましたが、不破と同じように悩みを解決することができるのでしょうか…。

 

しかしわからないことが多い!

今回の内容で触れないといけないのはアークゼロのことだと思いますが、わからないことが多すぎて中々書けることが…ない!

 

アークそのものと考えると強いのは当然ですからね…とりあえず登場した途端に亡を壊した所からワケのわからないことばかりでした。

 

ただ最も謎だったのは或人と不破が戦ったアークゼロの中身が滅ではなく迅だったことですね…あれには見ている誰もが「??」となったのではないでしょうか。

 

さすがにその経緯は次回でちゃんとやってくれますよね…そうじゃないとワケがわからないどころの話じゃないので。

 

サウザーの活躍に期待??

ということで副社長、確かに色々あって大変だよな…と思ったゼロワン第36話の感想でした。

 

ZAIAスペックで暴走した人に対抗するためのレイドライザーの一般販売開始という見事すぎるマッチポンプを披露していたにも関わらず今回はすっかり影が薄かったサウザーの行方は如何に…非常に気になります。

 

次回は亡も変身してまた物語が動きそうなので楽しみにしましょう。

 

そういえば東映の撮影所ややたらと自然豊かな場所でのシーンが多かったのはやっぱりコロナの影響なんですかね…。

f:id:writer_A:20200705005156j:image

前回の感想はコチラ

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダーアークワン シンギュライズセット