感想文自由形。

とにかく自由に感想を綴ります。

吉井和哉15周年記念ツアー Let's Go Oh! Honey感想

新木場公演のDVDが届いた記念?に振り返ってみます。

(個人的にツアーのベスト公演だったので映像化、本当にありがとうございます!)

 

f:id:writer_A:20181030104012j:plain

 

大阪、東京×2、名古屋と運よく4回も参戦できたわけですが、「そんな何度も行ってどうするんだ…」と思いつつ、結局は「全部行ってよかった…」と思える最高のツアーでした。

 

ソロ活動初めて15年。ちょうど人生の半分を吉井和哉の音楽と共に生きてきたわけですが、聞いてるとその当時の記憶が結構鮮明に思い出されるんですよね。

(その大変が悲しい、辛いことばっかりなのですが笑)

 

今回のセットリストは吉井さん曰く「この曲たちがあれば生きていける」というお気に入りの曲ばかり。自分の好きな曲が多く演奏されたのでとっても嬉しかった。

 

イエローモンキーとソロでは色んな面で違う所はありますが、個人的に一番違うなと思うのは”距離感”

 

よりパーソナルな部分というか、”生の吉井和哉”な感じがするから、なんだか隣で寄り添ってくれているような、優しさのようなものを感じるんです。

(それが先に書いた記憶とのリンクの証拠かと)

 

本人も自虐的に言ってますが、別れの歌ばっかり。だけど最後には前を向いて、また頑張ろうって歌ってくれてるから、悲しいだけの歌はないんですよね。

 

派手なロックナンバーも沢山ありますけど、その陰と陽の絶妙なバランスが吉井さんの最大の魅力なんじゃないかと、今回のツアーで改めて感じました。

 

イエローモンキーが復活して、陽の部分が出てくる瞬間が増えたからこそ、陰の部分が際立つというか…。

 

いつかのツアーで「光と影のロックンロール」って言葉を使っている時がありましたが、まさにその通り。やはり唯一無二の存在です。

 

それでは各会場の思い出を少しずつ。

 

個人的に初日の大阪はホール公演の中ではベストでした。

久しぶりに見るソロということで見てる側のテンションも高かったですし、大阪でライブ見たのは初めてだったんですけど、やっぱりノリがいい気がしました。

 

吉井さんが掌を客席に向けて「みんなとハイタッチしてるから」って言ったのは嬉しかったなぁ。

 

フォーラムは一般販売で奇跡的にチケット購入できたのですが、まさかの最後列!

 

ステージは遠いし、自分の周りは客席も静かだったので、盛り上がりというと微妙でしたが、じっくり全体を見れたのは良かった。

 

もしもフォーラムしか行けてなかったら今回のツアーの印象は大分違ってたかもしれない。

 

新木場最高の盛り上がり!

吉井さんのテンションも中々見たことないくらい高かったし、会場中が一体になってる感じはさすがライブハウス!

 

セットリストも会員向けのマニア仕様で痺れました。

 

f:id:writer_A:20181030230049j:image

 

それと髪かきあげた吉井さんがツボなんです。

(モンキー復活ツアーの横アリの最後にやった時から。あの時に完全にロビンに戻ったわ。と確信。)

 

ファイナルの名古屋は珍しくガッツリミスしてヘコんでましたが、貴重な姿が見れたなと。

 

この時は新曲の「ISLAND」を2回やり直してましたが、このツアーで一番聴きたかった曲だったのでもしも名古屋だけの参戦だったらまともに聴けてなかった…。

 

となると4公演行ったのは決して行き過ぎではない!ということになるわけです!

 

f:id:writer_A:20181030103643j:plain

 

 ということでこれからも行ける限り吉井さんに会いに行こうと思います…。