感想文自由形。

とにかく自由に感想を綴ります。

マキシマム ザ ホルモン これからの麺カタコッテリの話をしよう 感想

5年半ぶりの新作!

マキシマム ザ ホルモンの新作「これからの麺カタコッテリの話をしよう」購入しました。

 

f:id:writer_A:20181128182827j:image

 

CDと漫画がセットというかつてない販売形式、さすが型破りなことをしでかすホルモンらしいと言いますか…笑

 

とりあえず、CDの方からレビューしたいと思います!

 

※歌詞に関しての解釈はしません。ホルモンに関して言うと完全にそれは野暮なので。

 

ちなみに私、「恋のメガラバ」辺りからのファンで(当時は新参新参と叩かれがちな笑)、徹夜してツアーファイナルのチケットを入手したり、ホルモンへの思いを作文し、選ばれた者だけが入場を許された蘇生公演にも行っていました。

 

その時の模様を収めたDVD(DecoVSDeco)やステージ上からの記念撮影にガッツリ映っているのがプチ自慢です笑

 

ではレビューをどうぞ。

1、maximum the hormone Ⅱ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~

彼らの曲の中でもトップクラスに聞きづらいかもしれない笑(誉め言葉)

 

現代のシーンに逆行するというか、誰もやっていないことを突き抜けるまでやってファンを引っ張ってきた彼ららしさが爆発してました笑

 

「ぶっ生き返す!」の頃までは感じられたPOPさが完全にそぎ落とされて、もはやジャンルでは括れないものになってます。

 

ただ根底にあるヘヴィさや緩急織り交ぜた曲調、1曲の間に表情が変わり続けるのでライブでは大変なことになりそうです。

(というかライブだとどんな感じになるのかが楽しみです)

 

2、G'old~en~Guy

ラルクアンシエルに怒られないのかな?笑

 

新宿ゴールデン街の歌らしいですが、何故だろう、宇宙を感じました。

 

ナヲのボーカルがフィーチャーされてるサビが特に。

 

それは亮君の頭の中が宇宙であり、ゴールデン街もまた宇宙のようなものだからなのか…(自分でも何言ってるかわかりません笑)

 

ただ構成はシンプルで難しいこと考えんと音に身を任せて乗れるので、これもまたライブ映えしそうですね。

 

3、肺脂西班牙<we're the 俺>

ハイヤニスペインのセルフカバー。

 

初期の曲をセルフカバーしがちなホルモンですが、今回は正統進化系というか、今のホルモンがやったらこうなる、的な感じでかっこいいです。

 

こういうのファンとしては嬉しいですよね。

CD音源とライブじゃ全く別物みたいな音出してるので、よりしっくりくると言いますか。

 

サビで亮君の声が重なってるのめっちゃカッコいいです。

 

4、拝啓VAP様

これまでの3曲と違っていきなり青春パンク的な曲調。

 

所属していたVAPを抜けるのに際し書かれた曲だとは思いますが、ケンカを売っているのか、感謝を伝えたいのか、内容だけではわかりません。

(わかる必要もないと思いますが)

 

この曲は先にPVが公開されてましたけど、個人的にVAPを抜けるって言うのはビックリしました。

 

好き勝手やってきたのもVAPのおかげ的なこともあったと勝手に思ってましたので。

 

まーこんなことファンが気にするのは野暮ですね。

 

漫画に関してはまた

ということでかなり駆け足ですが、簡単にレビューしてみました。

 

とりあえず、ホルモンらしさの詰まった1枚でした!

 

パッケージから歌詞カードに至るまで、商品に付随する全てで楽しませてくれるサービス精神も流石でしたし。

 

にしても漫画もついてくるCDって…笑

 

漫画に関してはまた別の機会に書きたいと思います。

 

しかし、ホルモンの音源は聞いているとライブに行きたくなって仕方なくなりますね。

 

ダイスケはんの早期回復を願いつつ…「これからの麺カタコッテリの話をしよう」のレビューをお届けしました。