感想文自由形。

特撮、アニメ、ドラマ、映画などの感想をジャンル問わず、とにかく自由に綴ります。

ザ イエローモンキー「GRATEFUL SPOONFUL」ツアー 8/9 日本武道館♠ セトリ&感想

2日連続で東京は日本武道館で行われましたザ イエローモンキーの全国アリーナツアー「GRATEFUL SPOONFUL」♠公演の感想です。

 

スペードの初披露であり、前日のライブがあまりにも素晴らしかったのでこうなると「2日目のイエローモンキー」はどうなってしまうのか期待が大きすぎて逆に心配になるほどでしたが、そんなものは完全に不要でした。

 

なぜならザ イエローモンキーは常に期待や想像を超えてくるバンドだからです。

 

2019/08/09

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR「GRATEFUL SPOONFUL」

日本武道館 

1.この恋のかけら
2.天道虫
3.パール
4.Love Homme
5.サイキック No.9
6.Breaking The Hide
7.砂の塔
8.Tactics
9.Changes Far Away
10.JAM
11.Balloon Balloon
12.パンチドランカー
13.ROCK STAR
14.ALRIGHT
15.Titta Titta
16.甘い経験
17.SUCK OF LIFE
18.I don't know
EC1.毛皮のコートのブルース
EC2.バラ色の日々
EC3.悲しきASIAN BOY
EC?. 悲しきASIAN BOY

 

ついに初披露となったスペード公演…テーマは「攻撃的」とのことでしたが、ご覧頂ければお分かりになるでしょう…攻めてます。

 

これは個人的な問題で、文字通り開演ギリギリの滑り込み入場だったので到着した時は汗が噴出して大変なことになっていたのですが、披露される曲もテンションの高いナンバーが続いたので一向に汗が引くことなく、気付いたら終演だったという感じでした。

 

スペードで初お披露目となった楽曲は全部で6曲でしたが、内5曲がハードなナンバーであることから「攻撃的」の言葉に偽りなし!といったところでしょうか。

 

全体を通してみるとダイヤをベースに昨年末に行われた「メカラウロコFinal」をミックスしたような構成となっていますが、それはつまり文句なしに最高ということですよね。

 

そんな攻め攻めの曲目に加えて前日の感想記事でも熱弁したように”武道館”という場所でのライブですから特別なものにならないはずがなく…いろいろな意味で「今ツアーで最も熱い日」になりました。

 

ステージ上でナイショ話?

一体なぜ最熱のライブとなったのか、印象的なシーンを順に触れていきましょう。

 

といってもいきなり「甘い経験」まで話が飛んでしまう事をご了承ください笑

 

まあ厳密に言うと「ALRIGHT」からの話ではあるのですが、復活の象徴となるこの曲で会場のテンションが何度目かの爆発を迎えた後のMCでロビンがドームツアーの話をしている最中、なにやらエマとヒーセがステージの中央で耳打ちをしているじゃあないですか。

 

それを目ざとく?見つけたロビンに「何話してるんだよ!」とツッコまれていましたが、一度低位置に戻ったにも関わらず再び話を続ける2人の様子がかわいくてですね笑

 

そのせいで何を話していたか忘れてしまったロビンに落ち着いて教えてあげていたアニーとのやりとりも何だかイメージ通りの関係性が見られたようで微笑ましかったです。

 

してエマとヒーセは何を話し合っていたかというと、次の次の曲の打ち合わせだったとのことなので、それはつまりスペードで初披露の曲だな?と思っていたら「甘い経験」ですよ。

 

こうしてまたしても会場は大爆発したと…ちなみに相談していたのは間奏での開脚ジャンプを揃えてやる?という話だったとのことです。

 

やっぱり”4人”が好き

続いてはメンバー紹介でのひとコマ。

 

ロビンがアニーを最高のドラマーと紹介した後、いつものように鶴ちゃん→エマと紹介をしましたが「私の恋人」のあとに「ハズバンド」と言ったんです。

 

ロビンとエマが”特別な関係”であることは周知の事実ですが、エマの方が夫だったとは…これは新しい発見でした笑

 

そして続くヒーセの紹介ですが、昨日のライブでも披露されたロビンが考案したという新しいコール&レスポンスが今日は形になってました。

 

ロビン「あーせい!こーせい!うるせい!…しゃらくせい!」

ロビン「ユーセイ!」

観客「ヒーセ!」

 

これが非常に盛り上がりましてね。今後定番になっていくのでしょうか…とても楽しかったのでまたやりたいです。

 

そして最後のロビンですが、ヒーセが「イエローモンキーのど真ん中!」と言ったのでピョンっとセンターに移動するもその後ろにいるアニーを気にしてなんだかフワッとした空気になるという笑

 

この自然な感じのやりとりがとにかく愛おしくてですね…楽曲やビジュアルは当然のこととして、4人のパーソナルや関係性も大きな魅力なんだなーと何度目かわからない再認識をしました。

 

災い転じて福となす??

そして最後に触れるのはライブの最後の最後。

 

セットリストを見ておかしな点に気付かれたでしょうか?

 

なんとこの日は最後の「悲しきASIAN BOY」を2回披露するという滅多にお目にかかれないものが見れました。

 

というのも1回目でロビンがそこそこ大き目のミスを2回もしてしまったからなんです。

 

「暁に果てるまで!日本国旗に敬礼を!ザ!イエロー!ボーイ!(?)」

 

武道館でしか聴けない特別な口上に会場は最高潮でしたが、この誰でも気付く言い間違いに全員が「???」となったことでしょう。

 

それでも何事もなかったかのように曲は続けられましたが、曲の最後にもミスが…。

 

全員がステージの中央に寄ってロビンが「エイジアン…ボーイ!」と叫んで曲はエンディングへと向かうわけですが、そのタイミングがいつもよりも早い!

 

それに気付いたアニーが機転を利かせてなんとか演奏し切ることは出来ましたが(これはこれで素晴らしいチームワークで感動しました!)、ロビンは「改装前最後の武道館をこのままでは終われない!」と急きょ曲の入りのドラムからやり直すことに!

 

この計らいに会場はこの日最大の爆発がおき、2度目の入り口上が始まったわけですが、今度は「日本国旗に敬礼を!」を言い忘れたとしてまたしてもやり直し、3度目の正直で客電が全てついた状態で再び「悲しきASIAN BOY」が披露されました。

 

この時のメンバーを応援するようなオーディエンスの歓声と一体感はこの日はおろか、本ツアーでも最大最高のものだったように感じましたね。

 

昨日のライブのテンションが異様に高かった理由として”ラママの直後””ドームツアー発表””開演時間が遅め””武道館という会場”であることを挙げましたが、そこに”アクシデント”という狙ってはできない要素が加わって前日以上の「最も熱い瞬間」となったのではないかと思います。

 

こうして記憶を頼りに書きながらもニヤニヤしてしまうくらい最高の瞬間でした…やっぱり武道館はイエローモンキーのための会場なんですね。

 

改装後、武道館がどのような装いになるかはわかりませんが、確実に言える事はイエローモンキーならば最高のライブを見せてくれるということ。

 

次に武道館で観れる日のことが今から楽しみです。

 

最高に熱い武道館2Daysでした!

ということで、ついにお披露目となった武道館公演の感想でした。

 

黒いマークであるにも関わらず全員が赤を取り入れた衣装という外しのセンスが抜群で、最初から最後まで息つく間のない攻めのセットリスト…これまでのマークでは回数を重ねる度にそのクオリティを高めていきましたのできっとスペードもここからより進化していくはずです。

 

でもこの日のショウはアクシデントも含めて最高のものを見せてくれましたからね…一体どうなることやら…あと2回観るチャンスが残されているので楽しみにして生きたいと思います。

 

そして本当に最後の最後、いつもならそれぞれ客席に挨拶をして舞台裏へ帰っていくメンバーですが、この日は全員がそれぞれハグし合った後、肩を組んで客席に挨拶をしてくれました。

 

果たしてこれはこの日だけのスペシャルな出来事なのか、それとも♠の恒例となるのか…とても幸せな光景だったので是非、また見たいところです。

 

いやーしかし本当に熱かったなー!笑

f:id:writer_A:20190810005603j:image

この前日の武道館の感想はコチラ

♦初日の感想はコチラ

♣初日の感想はコチラ