感想文自由形。

ジャンル問わず、とにかく自由に感想を綴ります。

映画「翔んで埼玉」感想~ディスの皮を被った埼玉への愛に満ちた傑作です!

「何も考えずに見て笑える映画」の最高峰!

予告が公開された時から非常に楽しみにしていた「翔んで埼玉」を観に行って参りました!

 

余りにも楽しみすぎて、映画への期待だけで記事を書いてしまうほどでしたが、その期待を完全に超えてきましたね!

 

www.good-by.com

 

とにかく「何も考えずに見て笑える映画」の最高峰だったと思います!

 

ただ言い換えると、わざわざ語りたい要素がある感じの映画ではありません!笑

 

それは笑えるポイントが非常に多すぎて、1つずつ拾っていったらキリがないことと、製作側も恐らく深いメッセージを伝えたいというか、「大人が本気でふざけるとこうなるぞ!」というのを見せつけたかったように感じたからです。

 

なので、今から書く感想はあっさりとしたものになるかも知れませんが、きっと観た人には共感頂けると思います笑

 

埼玉人だけでなく、関東圏に縁のある方なら確実に楽しめます!

プロモーションからして、ひたすらに埼玉県をディスっているのが明白でしたが、フタと開けてみれば埼玉だけでなく、東京を含めた関東圏すべてにケンカを売っているような内容でした笑

 

ただ、度が過ぎたディスりには怒りを通り越して笑うしかなくなるんですよね。

作中では東京からひたすらに埼玉が迫害を受け続けるわけですが、あまりにも非現実的な差別っぷりなので逆に「よくこんな悪口を思いついたな!」と感心してしまいます笑

 

ご覧になられた方ならお分かりかと思いますが、実は埼玉以上に群馬や茨城の扱いの方が酷かったので、埼玉県に縁の無い方でも楽しめるでしょう!

 

ただ、この映画を一番楽しめることができるのは間違いなく埼玉人です。

 

あまり映像・文学作品などで舞台にならない埼玉が主役の時点で最高ですし、聞きなれた地名が出てくるだけで笑ってしまいます。

内容としては当然ディスられているわけですが笑

 

しかし、どんな内容であれ地名が出てくるだけで喜んでしまうほど、埼玉のことが好きなんだと気付かせてくれる映画でもありました。

 

埼玉への愛と誇りに目覚める傑作

散々バカにされ続けるわけですが、それに対抗する埼玉解放戦線のメンバーはみんな信念を持っており、埼玉に誇りを持っています。

 

その姿を見ていると、なんだか自分達もそうでなければいけないなと、すっかり啓蒙されてしまいました笑

 

それほどまでにガクト演じる麻美麗はカッコよく、彼と出身が同じであることを誇りに思えるほどです。

 

なんかちょっとイイこと風なことを言うと、欠点を認めることで本当の愛に目覚めると言いますか、とことんディスられますがそれは自分達もわかっていることなので、改めて自覚して理解を深めると言いましょうか…。

 

とにかく、より埼玉への愛が深まったのは間違いありません。

 

深いメッセージ性もなくは…ないです。

埼玉をバカにするだけで作品が成立するとは思っていなかったので、途中まではその裏に隠されたメッセージについて考えて観ていました。

 

例えば、埼玉や東京・神奈川以外の関東圏への差別を人種の違いに置き換えたらメチャクチャ重いなーとか。

 

また、本編でも言っていましたが県を超えた愛がロミジュリみたいだなーとも。

 

ただ、おそらく製作側はこんなことを伝えたいとは1ミリも思っていないだろうなと、途中で気付いたので考えるのをやめましたが笑

 

「この作品はフィクションです」というのを言っておけば何をしてもイイだろう!と言わんばかりの「本気のおふざけ」映画でしたので笑

 

魔法の言葉「この映画はフィクションです」

冒頭で非常に仰々しく、原作者を登場させてまでフィクションであることを強調していましたが、それさえ言っておけばすべてが許されると思っていないとできないくらい、色々振り切った映画でした。

 

こうしてフィクションだと断っていてもクレームを言うような人がいるような規制の厳しいご時世ですが、この映画に関してはそういったことを気にせず、どんなにふざけたことでも真剣にやっているのが伝わってきて非常に好感が持てました。

 

やはりどんなものでも「本気」というものは伝わるものがあります。

 

ここまで全力でふざけ倒した作品を私は知りません。

そう感じれるような物を見れただけで、非常に価値ある映画でした。

 

とにかく多くの人に見て頂きたい激推しの作品です!

ここまで書いておいてなんですが、多くを語ることが野暮だと感じてしまうほど、とにかく痛快で、突き抜けた快作です!

 

原作の雰囲気を再現するべく、目力の強い役者を沢山起用している所や埼玉のことを良く知らないとできないであろう細かなネタなど、とにかく見所が沢山!

 

作品によってはどんなに面白くても万人にオススメできないようなものもありますが、この「翔んで埼玉」はもれなく万人に観て欲しいと思います。

 

何も考えず、ただ劇場に脚を運んで「翔んで埼玉」を観るだけで必ず笑えて、埼玉のことが好きになるでしょう!

 

まだ見ていない人は是非、ご覧になって下さい!

f:id:writer_A:20190224183448j:image

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)
 
映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック

映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック